アップデートで表示される「お使いのバージョンのWindowsはサービスを終了しました」の意味

Windows10のパソコンで手動でアップデートの適用を試みたとき、Windowsのアップデートの画面に「お使いのバージョンのWindowsは、サービスを終了しました」と表示されることがあります。

今回は、そのメッセージの意味と対処方法を記事にしてみました。

画像付きで解説しますので、お困りの方はぜひご一読ください。
※本記事は、Windows10を前提にしています。

目次

メッセージの意味

「お使いのバージョンのWindowsは、サービスを終了しました」というメッセージは、Windowsのアップデート(更新)を長期間実施していなかった場合に表示されることがあるメッセージです。

これは更新プログラムによりますので、「○○ヵ月アップデート(更新)を行っていなかった場合に表示される」などの期間的な決まり事はありません。

おそらく、このメッセージが表示されたパソコンは「しばらく起動していなかった」、または、「インターネットに接続していなかった」、のどちらかかと思われます。

対処方法はアップデート(更新)の実行

このメッセージが表示された場合の対処方法は、Windowsのアップデート(更新)の実行です。おそらく、自動的に実行がされていると思いますので、アップデート(更新)が完了するまでパソコンのシャットダウンは行わずに待機しましょう。

もし、再起動が必要とのメッセージが表示された場合には、Windowsのアップデート(更新)が済み次第、速やかに再起動を行いましょう。

<参考>

中段から下段に表示されている更新プログラムが自動的に適用されるはずです。

あとがき

Windows10はセキュリティ強化を主な目的として、アップデート(更新)を定期的に強制配信しています。まれに、アップデート(更新)が原因で、何らかの不具合が発生することもありますが、基本的には速やかにアップデート(更新)を実行し適用しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる