パソコンのメールソフトにGmailを設定する方法。簡単です!

いまや代表的なフリーメールのGmailは、iPhoneユーザー・Androidユーザー問わずに広く利用されているメールシステムのひとつです。

気軽に取得できスマホやタブレットでも利用できることから、プライベートではもちろん、ビジネス用のセカンドアドレスとして活用している方も多いかと思います。

基本的に、Gmailパソコンで使う場合、Chromeなどのブラウザ上で利用することになるのですが、普段、使い慣れているOutlook等メールソフトに設定することで、より使いやすく活用できるようになります。

この記事では、Windowsのメールソフト「Outlook」「メール」Gmailを設定する方法を、画像付きで説明します。

メール

Outlook

目次

Windows標準の「メール」にGmailを設定する

Windows標準の「メール」を起動すると、何もアカウントを設定していない場合、下記のような画面が表示されます。この記事では、この状態から説明します。

Googleをクリック
Gmailアドレスを入力し、次へをクリック
Gmailのパスワードを入力し、次へをクリック
2段階認証プロセスが設定されている場合
この画面が表示される
⑤お使いのスマホではいをクリック
許可する事項が表示される
⑦下にスクロールし許可をクリック
メール送信者の表示名を設定し、サインインをクリック
⑨この画面が表示されたら設定は完了
右下の完了をクリック

OutlookにGmailを設定する

①メニューバーのファイルをクリック
アカウントの追加をクリック
Gmailアドレスを入力し、
詳細オプションをクリック
自分で自分のアカウントを手動で設定
にチェックを入れ、接続をクリック
Googleをクリック
Gmailアドレスが表示されていることを確認し
次へをクリック
Gmailのパスワードを入力し、次へをクリック
2段階認証プロセスが設定されている場合
この画面が表示される
⑨お使いのスマホではいをクリック
スマートフォンから返信した
をクリック
⑪許可する事項が表示される
⑫下にスクロールし許可をクリック
⑬この画面が表示される
⑭この画面が表示されたら設定は完了
右下の完了をクリック

メールソフトの使い分け

上記で説明した通り、パソコンメールソフトGmailを使うことは可能で、他のビジネスメール等と同等の使用感で活用することができます。

一般的に、ビジネス用メールはOutlookを利用している方が多いと思いますが、例えば、GmailはWindowsの標準ソフト「メール」に設定するなど、使い分けても便利になりますので、ご検討ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる