WebsのSEO対策の見解について

一般に、SEO対策はWebマーケティングをするうえでの基本テクニックと認識されています。

Websのホームページ制作サービスでは、このSEO対策について、あまり触れていません。その理由は、SEO対策に対して独自の見解をもっているためです。

そもそもSEO対策とは何か。なぜ必要か。について解説したいと思います。

目次

SEO対策とは何か

まず、ホームページやWebページを開設する目的について、いくつかの例外はあるかと思いますが、ほぼ「(誰かに)見て欲しい」「強力な集客・販促ツールにしたい」という思いがあるはずです。

検索順位

Googleの検索(ホーム)画面で、何らかのワードを入力してENTERキーを押す。スマホであれ、PCであれ、日常的に行っている動作ですね。

その後、検索ワードに関連するページタイトルが一覧表示されます。

この検索のことをオーガニック検索といいます。何らかに記載されているURLをクリックしたり、URLを手入力してアクセスする手段は、オーガニック検索ではありません。

ここで最もクリック率(見られる確率)の高いページタイトルは、どれだと思いますか?

答えは、一番上に表示されているページタイトルです。

例えば、同じ製品・同じサービスであっても、一番上に表示されているページタイトルはクリックされやすく、結果、成約(売れる)率も最も高いと言われています。

そのため、多くの競合を抱える会社・事業主は、この順位を上げるために様々な対策・取り組みをしているのです。

この「順位を上げるための対策」のことをSEO対策といいます。

※SEO=Serch Engine Optimization

検索順位の存在理由

ここで、まず理解して欲しいことは、Googleは自社のブラウザ(正確には検索エンジン)を通じて、世界中のユーザーに良質な情報を届けたいと考えています。

例えば、2つのブラウザがあると仮定します。
「ブラウザA」と「ブラウザB」です。

<例>

「ブラウザA」
調べたい情報がすぐに見つかる。

「ブラウザB」
調べたい情報はいくつものページを開いて閲覧しては閉じ、何ページも確認してようやく見つかる。

となった場合、自然に「ブラウザA」を使うユーザーが増えますよね。ここで、「ブラウザA」を「GoogleChrome」に置き換えてください。

つまり、Googleはユーザーを維持しインターネットユーザーに良質な情報を届けるためすべてのホームページ・Webページについて評価をしています。そして評価の高いページを検索結果の上位に表示させる工夫をしているのです。

検索順位は、どう決まる?

Googleは、検索順位を決めるための具体的な評価基準(アルゴリズム)について、ごく一部の指標を除き公開していません。また、日々、調整・改善されているそうです。

評価基準(アルゴリズム)を固定化し公開してしまうと、ホームページやWebページの文章、読みやすさよりも評価基準だけが重視されてしまい、結果として良質な情報を届けられなくなるためです。

また、Google「過度にSEOを意識すること」を嫌います。ユーザー視点で分かり易い・読みやすいページを求めているためです。

ただし、以下の要素についてGoogleは重要視しており、検索順位にも影響することが明らかです。

<影響する要素>

  • モバイルレスポンシブ
    スマホ等で表示しても型崩れせず見易い
  • 表示速度
    ページの読み込み速度が速い
  • 分かり易く有益な情報
    分かり易く充分な量の情報になっている

SEO対策は必要か

WebsはSEO対策を否定はしません。実際に、必要な会社・事業者は多いでしょう。

ただし、SEO対策には高額な費用がかかります。

高額な理由

まず、ホームページ・Webサイトに訪れたユーザーを惹きつけるような文章を書けるプロのライターが必要です。
同様に、ライバル社に負けない美麗なページを造るプロのデザイナー
が必要です。
ホームページ・Webサイトにアクセスされた際のユーザーの滞在時間は、検索順位に大きく影響します。

その前提として、その業界や競合レベル、ライバルサイトの調査が必要です。さらに、ホームページにアクセスしたユーザーの流入経路や滞在時間等、継続的な分析が必要です。

Websでは、これが、ホームページ制作の相場が高額化する一因と考えています。

ユーザーの流入元

そこで考えたいのが、ホームページにアクセスするユーザーの流入元です。

例えば、「近くのパン屋を探したい」「〃ラーメン屋を探したい」といったニーズに対しては、Googleマップで検索されることも多いでしょう。Googleマップ上の自店舗の紹介文にホームページのURLが記載されていれば、閲覧される機会は生じますし、プロモーション効果もあります。

同様に「ホットペッパービューティー」に掲載されている美容院「食べログ」に掲載されている飲食店
これらもそのメディアにURLが記載されていれば、閲覧の機会は生じ、プロモーション効果
も生まれるはずです。

この場合、冒頭で説明したオーガニック検索ではありませんので、SEO対策は意味をなさなくなります。

オーガニック検索で検索するユーザーもいますので、全く無意味とはいえません。

ニーズにマッチしたサービスを

Websのホームページ制作サービスは、「過剰なコダワリを排除しお手頃価格を実現」をモットーにしており、過度な価格高騰を抑えるため、SEO対策を前面に押し出していません

例えるなら、「ちょっとしたTシャツ」をお求めのお客様に「高級ブランドTシャツ」をご提案する必要はないからです。

お客様のニーズWebsのモットーがマッチするのであれば、ぜひお問合せ頂ければ幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

沖縄県でホームページ制作や店舗の集客サポートなど、小規模事業主のサポートを行っています。ホームページ制作については、月額2,580円の低価格でサービス提供していますので、ご関心のある方は、お問い合わせください。(全国対応)

目次
閉じる