Windows11へのアップグレード。ファイルやデータは移行される?

2021/10/5にMicrosoftの最新OSであるWindows11がリリースされます。

アップグレードをすぐに行わないユーザーであっても、2025年10月14日をもってWindows10のサポートが終了する見込みですので、アップグレードの準備・心づもりはしておいたほうがよいでしょう。

また、Windows11のリリースに伴い、パソコン買い換えの需要は、一定数、高まると思いますが、ほとんどのユーザーは既存のパソコンからのアップグレードになるはずです。

この記事では、既存のWindows10のパソコンからWindows11アップグレードするときの、ファイルやデータ類などのバックアップの要否について考えたいと思います。

目次

基本的にはすべて移行されます

基本的にはWindowsのOSアップグレードの際には、既存のファイルやデータ類はすべて維持され、新しいOS環境へ移行されます。ただし、リスクがゼロとはいえません。

下記のような重要なデータについては、予めバックアップの要否を検討しておきましょう。

参考までにですが、わたしはMicrosoftの「Windows Insider Program」を利用して先行的にWindows11アップグレードしましたが、ファイル・データ類はすべて正常に移行しました。周辺機器やBluetoothで接続していたイヤホンの設定まで、今のところデータ移行に関しての問題はありません。

2021/10/04追記
Outlookのメールについて、データ移行はされているものの、検索が一切できない症状が確認されました。再インデックス処理することで解決しましたが、後日、別記事で紹介します。

ファイル類のバックアップ

Windows11へのアップグレードを実行するのであれば、重要性の高いファイル・データ類のバックアップは取っておくべきでしょう。(個人的には、パソコン内のすべてのデータのバックアップが必要とは思いません)

あくまで万が一のリスク対策のため、データの選別を行ったほうがよいと思います。もし、エクセルやワードなど、比較的軽量のデータで、「ドキュメントフォルダ」や「デスクトップのフォルダ」に一括して保存されているのであれば、選別の手間を省くため、フォルダ毎、バックアップをとっておきましょう。

Windowsには、システム的に「復元」する機能も備わっているため、万が一、データ喪失などが発生しても、「復元機能」から復旧できる場合もあります。以下は、前回のWindows10へのアップグレードの際にMicrosoftの公式ページで案内された「データの復元方法」です。(Windows11へのアップグレードの際にも、同様の案内がされると思います)

メール(Outlook)のバックアップ

メールは、多くのユーザーにとってお客様との相互連絡で用いる重要なデータです。

万が一の備えとはいえ、バックアップをとっておくことを強くおススメします。Windows10のOutlookを例にして、バックアップファイルエクスポートする手順を紹介します。

もちろん、Windows11へのアップグレードが正常に実施できたのであれば、このバックアップファイルは不要になります。

<バックアップ手順>

①メニューバー内のファイルをクリック
開く/エクスポートをクリック
インポート/エクスポートをクリック
ファイルにエクスポートをクリック
Outlookデータファイル(.pst)をクリック
サブフォルダーを含むにチェックしたまま次へをクリック
 ⑦保存先を指定して完了をクリック
⑧バックアップファイルにパスワードを設定するなら、パスワードを入力

個人のパソコンの環境でのみバックアップ作業を行うのであれば、さほどセキュリティの心配はいりません。会社共通のネットワーク上のフォルダに一時的に保存する場合や、念のためパスワードを設定しておきたい場合には、必ず忘れることの無いように注意したうえで、設定しましょう。
そして、このバックアップファイルはデスクトップに置きっぱなしにするのではなく、バックアップ用のメディアに忘れずに保存しましょう。

エクスポートしたファイルがOutlookのバックアップファイルになります。Windows11へのアップグレード後、基本的にはWindows10のデータが自動的に移行されているはずですが、万が一、移行されていなけば、このファイルをインポートすることで復元できます。

その他の有料ソフトなど

再インストールを行う必要があることを考慮し、インストール方法(CD-ROMなど)やライセンス情報を準備しておいたほうが無難でしょう。また、OSのアップグレードにより、いくつかのWebサイトへなどのログイン情報が保持されない可能性もあります。(たくさんありますが、例えばAmazonのサイトもそうです。)

特に社内にNASなどのファイルサーバーを設置している場合には、予めログイン情報を準備しておかないと、普段使っていたファイルへのアクセスも出来なくなってしまう可能性があります。

それらも含めて、アカウント情報パスワードを整理しておくと安心です。

バックアップの方法

USBメモリOneDriveなどのクラウドストレージを使う方法があります。会社によって、セキュリティのレベルが異なってきますので、会社のセキュリティポリシーに従ってください。

基本的に、社内のデータであれば、GoogleDriveなどの無料ストレージは禁止とされている会社が多いと思います。

その他、Windows11へのアップグレードを控え、「バックアップソフトウェア」などの商材のプロモーションを多く見かけるようになりました。

この記事では、わたしの見解で全バックアップファイルの作成は不要として説明しましたが、業者のうたい文句に煽られてバックアップ商材を購入して後悔することのないよう、冷静に必要性を検討しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる