Windows11│VB6.0の公式サポートの動向。動作保証は?

2021年10月5日にリリースされたMicrosoftの最新版OS、Windows11に注目が集まっていますが、ビジネスシーンにおいては、様々なシステム・アプリケーションの正常動作が懸念され、安易にアップグレードするわけにはいきません。

Windows11は、Windows10をベースにしたOSのため、各種システム・アプリケーションの動作に関して、おそらく大丈夫だろうと推測はされるものの、まだ全社的なアップグレードは行わず情報収集を行っている会社がほとんどかと思います。

そして、VB6.0(Visual Basic6.0)で構築したシステムを使っている会社にとっては、Windows11VB6.0動作を保証するのかは重要なポイントでしょう。

目次

Windows11のVB6.0動作保証

当サイトでは、Insider Programを活用し、いち早くWindows11アップグレードし情報収集に努めています。

Windows11の環境下でもVB6.0で構築されたアプリケーションが正常に動作することは確認できましたが、当記事執筆時点では、いまだMicrosoftがVB6.0動作を保証する旨の公式発表はありません。

Windows10については、VB6.0ランタイムに限り、OSの有効期間はサポートする旨の発表がありましたので、Windows10の有効期間内(2025年10月14日)は公式にサポートされます。
この方針をWindows11にも引き継いてくれれば問題はないのです。

おそらく世間的にもWindows11でもサポートはしてくれるだろうという見方が強いと思うのですが、早めに公式発表が欲しいところです。

Microsoftも、VB6.0のシステムについて、まだまだ多くの企業内で現役稼働していることは理解されていると思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる