DSUM関数の使い方と実例紹介。フィルターいらずのデータ活用│Excel

今回紹介するのは、Excelの関数の中でもデータベース関数と呼ばれる「DSUM関数」

DSUMは関数の種類として「データベース関数」に分類され、Excelシートのデータをより効率的に抽出・集計することができる関数です。

この記事でも実例を紹介しますが、使い方によってはオートフィルターをより便利にした代替機能としても使えるでしょう。

条件を指定して集計する

では早速、DSUM関数の使い方と実例を紹介します。

目次

DSUM関数の使い方

DSUM関数はデータベース関数ということもあり、説明に聞き慣れない言葉も出てきますので、先に概要を説明しておきます。

DSUM関数の概要

DSUM関数では、合計計算の対象のすべてのデータ群のことを「データベース」として認識します。

また、実際に合計計算する列の見出しのことを「フィールド」と呼びます。この「データベース」と「フィールド」という言葉はデータベース関数では重要な定義になりますので、覚えておきましょう。

サンプル:曲数を集計するシート

下記のExcelシートには、アルバム名と曲数、ジャンル、国名が入力されています。このシートで「ジャンル」や「国名」を条件にして、曲数を合計計算する場合、データベースとフィールドは次のようになります。

データベース(青)とフィールド(赤)

まず、「データベース」は基本的にすべてのデータ群のことを指しますので、セルA1:E11がデータベースの範囲になります。(青枠)

次に、「フィールド」は実際に合計計算をする列の見出しのことを指しますので、セルC1がフィールドになります。(赤枠)

重要なのは、「データベース」は各列のタイトル行(ラベル)を含み、フィールドはタイトル行(ラベル)そのものを指定する点です。ここはデータベース関数の特徴となりますので、認識しておきましょう。

DSUM関数の関連付け

DSUM関数では、データベースと抽出する条件の関連付けが必要です。

もう一度、下記のサンプルをご覧ください。

このExcelシートでは[セルG3]にジャンル、[セルH3]に国名を入力することで、それぞれを抽出条件としてテーブルから値を集計することができます(曲数が合計計算されます)。

たとえば、ジャンルに「Rock」、国に「USA」を指定すると、データベース内のD列が「Rock」かつE列が「USA」のデータのC列の曲数が合計計算される仕組みです。

ジャンルと国が関連付けされる

そして、[セルG2]とD列、[セルH2]とE列を関連付けているのが、お互いのタイトル行(ラベル)に書かれた『ジャンル』と『国』という文字なのです。この文字が完全一致していないと関連付けはされません。

ジャンル-ジャンル、国-国で関連付けされる

ここはDSUM関数を扱ううえで、非常に大切な概念です。

DSUM関数の使い方

数式

=DSUM(データベース範囲,フィールド,条件範囲)
例:=DSUM(A1:E11,C1,G2:H3)

DSUM関数の使い方は上記の通りです。前節までに説明した通り、データベース範囲にタイトル行を含めたデータ全体を、フィールドに合計計算する列のタイトル行を指定します。

そして、条件範囲にデータベースからデータを抽出するための条件を入力する範囲を指定します。ここでもタイトル行を含める必要があります。

DSUMを活用したExcelシート
曲数の集計項目にDSUM関数
=DSUM(A1:E11,C1,G2:H3)

DSUM関数の実例

下記のExcelシートでは、DSUM関数が使われています。

抽出条件(セルG2:H3)で指定した条件に基づいて、[セルH6]に曲数が合計計算されます。

[ジャンル:Rock]かつ[国:USA]の条件に合致するデータの曲数が合計計算される
[ジャンル:Classic]に合致するデータの曲数が合計計算される
※複数の条件範囲が設定されていた場合でも、1項目のみでも集計される

フィルターいらずとは・・

この記事では、DSUM関数はフィルターの代替機能としても活用できる旨、説明しましたが、下記のイメージをご覧いただければ実感できると思います。

一般的に、各列で条件指定して合計計算する場合には、Excelのオートフィルターを使うかと思います。

D列でRockをフィルター
(E列でUSAをフィルター)
条件に該当したデータの合計を確認する

DSUM関数を使えば、まったく同等の合計計算をフィルターを使わずに実現することができるのです。オートフィルターよりも、どのような条件指定をしているのか、分かりやすいのもDSUM関数の特徴です。

DSUM関数

あとがき

今回は、ExcelのDSUM関数の使い方と実例を記事にしました。

Excelは、表計算ソフトのため、データの抽出や活用は一般的なデータベース(Access等)と比べ、見劣りするイメージがありますが、実はデータベース関数も備えており、活用すれば利便性が大きく向上するのです。

当サイトでは引き続き、他のデータベース関数も紹介していきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる