Excel│PRODUCT関数。行や列の指定範囲の値をかけ算する

Excelで指定範囲のたし算をするときには、SUM関数を使いますが、指定範囲のかけ算はどうでしょうか。

SUM関数ほど認知度が高くありませんが、Excelには指定範囲の値をかけ算する関数「PRODUCT関数」があります。

たとえば、Excelのシートで行に「単価・調整率(割引)・販売個数」の値がある場合に、PRODUCT関数を使えば、合計額を求めることができます。

販売管理

この記事では、ExcelのPRODUCT関数を使って、行や列の指定範囲の値をかけ算する方法を紹介します。

目次

PRODUCT関数│指定範囲の値をかけ算する

早速、PRODUCT関数を使った指定範囲の値をかけ算する方法を紹介します。

PRODUCT関数の使い方

数式

=PRODUCT(指定範囲)
例:=PRODUCT(B2:E2)

PRODUCT関数の使い方は上記の通りです。SUM関数やAVG関数のように、かけ算する指定範囲を記述するだけでOKです。

単価×調整率×個数
=PRODUCT(C2:E2)

PRODUCT関数の実例

すでに前節でご覧いただいており、関数の使い方もご理解いただいていると思いますが、PRODUCT関数の実例を紹介しておきます。

下記は、あるお土産品店の販売管理をしているExcelシートですが、1行につき「商品単価・調整率・個数」の値が入力されており、それぞれをかけ合わせることで、合計金額を算出できるようになっています。

単価×調整率×個数で合計額を求める

では、合計額のセルにPRODUCT関数を設定してみます。

=PRODUCT(C2:E2)
数式を確定すると合計額が算出された
オートフィルで下の行まで

以上が、PRODUCT関数を使って行の指定範囲の値をかけ算する方法です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる