Excel│平方根を求めるSQRT関数の使い方と√を表示させる方法

数学的な「標準偏差」を求めるときには、平方根(ルート)を用いて計算します。

平方根(ルート)を使えば、正負記号に関係しない標準値からのズレを計算することができます。

一般的によく使われる計算ではないのですが、たとえば食品加工や製造業においては、大きさや重さなどの商品の規格は、標準値から大きくても小さくても好ましいものではありません。

その品質管理を行う際に、標準偏差の計算を用いることにより正確なデータ分析が可能になります。

標準偏差とは標準値との

この記事では、Excelで標準偏差を求めるときにつかう平方根(ルート)関数の使い方と、Excel上でルート記号(√)を表示させる方法を紹介します。

目次

Excelの平方根(ルート)計算で用いるSQRT関数

この章では、平方根(ルート)計算で用いるSQRT関数の使い方について紹介します。

SQRT関数

数式

=SQRT(対象セル)
例:=SQRT(B2)

SQRT関数の使い方は上記の通りです。複雑な引数はありません。対象セルを指定するだけで、平方根(ルート)の計算結果を求めることができます。

平方根計算
=SQRT(B2)

以上、Excelで平方根(ルート)計算をするためのSQRT関数の使い方です。

Excelで√記号を表示させる

この章では、√記号をExcelで表示させる方法を紹介します。

√記号は、WindowsOSの標準の文字コードShift-JISで使える記号のため、「ルート」と入力し文字変換することで表示されますが、この方法では√記号の中に数字を入れることはできません。

こうじゃないのに・・

数字を含めたルート記号の使い方

数字を含めたルート記号を表示するためには、Excelのオプションから[リボンのユーザー設定]を変更する必要があります。

もしかすると、すでに使える状態になっているのかもしれませんが、Excelのデフォルト設定ではリボンに含まれていないと思います。

リボンのユーザー設定

ファイルタブをクリック
その他からオプションをクリック
リボンのユーザー設定をクリック
④このような画面に遷移する

Excelのリボンに表示されているコマンド等はデフォルト状態です。実は、様々な機能をカスタマイズして表示することができるのですが、その方法が今紹介しているリボンのユーザー設定です。マクロ(VBA)を使うときにも、ユーザー設定で変更する必要があります。

⑤プルダウンメニューからすべてのコマンドを選択
数式のべき乗根を探す
※だいぶ下側にある
数式のべき乗根をリボンに追加する前に
下記を参照

数式のべき乗根をリボンに追加(右側)する際、デフォルトメニューに追加しようとすると、下記のようにエラーが表示されます。そのため、新しいグループを作成して追加する必要があります。

デフォルトメニューには追加できない
⑧右側のメニューのカーソルを挿入-記号と特殊記号に合わせて
新しいグループボタンをクリック
新しいグループが作成されるため、カーソルを合わせておく
⑩中央の追加ボタンをクリック
数式のべき乗根がリボンに追加された
OKボタンをクリック
⑫Excelシートの挿入タブ内にべき乗根が追加されている
⑬クリックすると、いくつかのパターンが表示されるため、
使いたいパターンをクリック
⑭数字を含めることができるルート記号が表示される
※4は当サイトで入力したもの

この方法であれば、数字を含めたルート記号をExcelで表示させることができます。ただし、セルへの入力ではなく「テキストボックス」上で使うことになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる