「遊ぶ(観光地)」「食べる(美味しいもの)」情報をお届け

コラム:敬愛するアーティスト『ケイシー・マスグレイヴス』

今回の記事はコラムです。ここ数年、わたしがどっぷりと聞き入っている洋楽アーティスト『ケイシー・マスグレイヴス』の紹介です!2012年にデビューしたアメリカ合衆国出身のカントリーミュージック・アーティストです。

カントリーといえば、日本・沖縄ではかなりマイナーなジャンルで、ミュージシャンもファンもほとんどいない寂しいジャンルですね。。

わたし自身は、洋楽ロック・ハードロック・ヘヴィメタル、そしてクラシックを中心に聴く音楽ファンで、基本、カントリーは聞いたこともなく関心すらありませんでした。『ケイシー・マスグレイヴス』に出会うまでは、です。

この記事はアフィリエイト(物やサービスを間接的に売って儲けること)ではありません。ご安心ください(笑

目次

ケイシー・マスグレイヴス

『ケイシー・マスグレイヴス』は、2012年にシングル「Merry Go ‘Round」でデビュー。現在(2021/05)までに3枚のアルバムをリリースしています。アメリカの伝統的な音楽、カントリーを基軸にしたアーティストですね!

そもそも、カントリーって・・

『ケイシー・マスグレイヴス』というワードで検索してこの記事にたどり着いたヒト以外、「カントリーミュージック」という内容に関心は抱かないでしょう。おそらくアナタがイメージしたのは・・

はぁ~、カントリー
後ろ姿も、カントリー
馬が大好き
でしょ!?

このようなイメージかなぁと思います(笑
絶対に当たってますよね!

カントリーミュージックは、アメリカの南西部で発達した伝統的なジャンルで、概ねうえの写真のような雰囲気です(笑

「軽快」、「ノリ(独特なリズム)」、「牧歌的」、「カウボーイ」。このような印象が付きまとい、あまり聴きたいとは思わないでしょう。

わたしも他のカントリミュージックは聴きませんので細かいことは分かりませんが、『ケイシー・マスグレイヴス』はうえの写真とは違います。

そもそも、『ケイシー・マスグレイヴス』女性です(笑
そして、カワイイです(笑

先行して、1曲紹介しておきましょう。

カントリー調、リズム、ノリ。『ケイシー・マスグレイヴス』の音楽的な魅力が存分に表れているPVです。
ジャンルは全く違いますが、ガンズアンドローゼズのようなノリと、エアロスミス風のエンターテインメント性が融合した素晴らしいPVです!
内面から生まれた可愛さが感じ取れます。
※わたしは、ヒトの外見は内面からの影響が大きいという持論を持っています。内面が表情を作るからです。

音楽性(個人主観)

『ケイシー・マスグレイヴス』は、カントリーミュージックを基軸にしたアーティストですが、まず、楽曲のリズムメロディーが、わたしにはしっくりきます。

アメリカ合衆国のアーティスト、キャロル・キングの名盤「タペストリー」を聴いたときの気持ちよさ。イギリスのヘヴィメタバンド、ジューダスプリーストの往年のアルバムを聴いたときのような、体の中を流れる感覚

わたしにとっては、これらを感じる数少ないアーティストであり、一生聴き続けることを確信しています。そして、2000年代以降で、唯一聴ける、本当に久しぶりのアルバムです。

70年代洋楽ロック・ハードロック70~80年代洋楽ヘヴィメタルが好きなヒトなら、この感覚が分かるかなぁ、と思っています。

アルバム紹介

わたしは基本的に、音楽を楽しむときはアルバムを通しで聴く(1曲目から最後まで)ことがほとんどですが、この記事を読んで「ちょっと聴いてみたいかも・・」と思ったヒトのために、それぞれのアルバムから数曲、紹介してみますね。

曲を聴くときは、必ずイヤホンを装着しましょう!(ちゃんとしたスピーカーでも可)
スマホで再生しても、体の中を流れません!(笑


1stアルバム_Same Trailer Different Park

2013年2月リリースの1stアルバム。カントリー調、ノリ、リズムと『ケイシー・マスグレイヴス』の魅力が表れている名盤です。わずかに、デビューしたての「遠慮」のような雰囲気も感じます。

11_Follow Your Arrow

YouTubeは字幕をONにして観ましょう!「他人の目を気にせず、自由に生きよう!」というメッセージの曲です。この信条が『ケイシー・マスグレイヴス』というアーティストを形成しており、その外見(可愛さ)にも繋がっています。素晴らしい生き方!
毎日、聴いていると人生観が変わりますよ。


2ndアルバム_Pageant Material

2015年リリースの2ndアルバム。1stアルバムのカントリー調、ノリ、リズムに加えて、『ケイシー・マスグレイヴス』の明るさ、自由気ままさ、が融合され、才能が最大に開花したように感じます。次作は、カントリー調が少し抑えられますので、カントリーの雰囲気を味わいたいのであれば、このアルバム!

3_Late To The Party

ギターのリフが印象的な1曲。この「リフで聴かせる」ってところにロックを感じるのです。
キレのあるリフではなく、なめらかで潤いのあるリフです。伝わります?(笑

6_Biscuits

この記事の冒頭で紹介した1曲。全編、カントリー調、リズム、ノリ、で押された『ケイシー・マスグレイヴス』を代表する曲ですね。後半のギターカントリー調メロディーも最高です。
わたしが表現する「体の中を流れる」ってこういう意味です。
そして、YouTubeの明るいダンスが最高!

11_Good O’l Boys Club

どこか、イギリスのロックバンド、オアシスのアルバム「Stand By Me」を感じさせるような1曲。ギターのメロディーも最高です。


3rdアルバム_Golden Hour

2018年リリースでグラミー賞を受賞した3ndアルバム。1st、2ndで一貫していたカントリー調はなりを潜めて、大人の女性のような雰囲気になりました。一聴したときは、馴染めなかったのですが、今ではお気に入りの1枚です。このアルバムのラストを締める「Rainbow」はピアノ弾き語りの極上のバラード曲です。

8_Happy&Sad

映画のラストシーンで使われそうな1曲。明るい『ケイシー・マスグレイヴス』とは異なる雰囲気を持っています(誰でも落ち込むのね)。3rdアルバムの中ではメジャーな曲ではありませんが、ぜひ聴いて欲しい曲です。

13_Rainbow

全編ピアノ弾き語り極上バラード曲です。誰が聴いても美しい曲と感じると思います。

あとがき

今回は、わたしの敬愛する『ケイシー・マスグレイヴス』を紹介しました。

「沖縄とは関係ないじゃないかっ」といわれそうですが、ブロガーとは特に自分の好きなものを発信したくなる習性があるのです。(笑

コラムだからいいでしょ?

ドリー・パートン

カントリーのついでに、全く違うアーティストから1曲紹介します。「ドリー・パートン」って知ってます?

主に60~90年代にかけて活動したアメリカ合衆国のカントリーミュージシャンです。ほとんど知られていませんが、ドリー・パートンは超有名曲の作詞作曲者です。

I Will Always Love You

この曲は、ホイットニーヒューストンがカバーして世界的に有名になったモンスターヒット曲ですが、オリジナルはドリー・パートンなんです!特に日本では、ホイットニーヒューストンの曲と勘違いされているようですね。

オリジナル曲は、派手さのない素朴な曲調で、1974年にリリースされています。ご一聴ください。

次回のコラム

次回は、天才「ケイト・ブッシュ」を紹介する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

沖縄県で、ホームページの制作やメディア運営、アプリ開発などを行っている個人事業主です
「すべての小規模事業主・個人事業主にホームページを」をモットーに、お求めやすい価格でサービス提供しています
全国対応しますので、お気軽にお問合せください。

目次
閉じる