「遊ぶ(観光地)」「食べる(美味しいもの)」情報をお届け

『アンマークゥトゥ』とは│赤ちゃんを守るおまじない│沖縄の文化

今回は、沖縄の厄払いのおまじない『アンマークゥトゥ』を紹介します。

目次

赤ちゃんと外出するとき

『アンマークゥトゥ』は、赤ちゃんを外に連れ出すときにする厄払いのおまじないです。
赤ちゃんは興味を持つものを探してキョロキョロしますよね?

そこで、外にいるマジムン達と目が合ってしまうと、赤ちゃんにいたずらしたり、泣かせたりするという言い伝えがあるのですが、今回のおまじない『アンマークゥトゥ』は赤ちゃんに、「悪いものは見ないでお母さん(アンマー)を見ていてね♡」というためのおまじないなんです!

赤ちゃんをマジムンから守るおまじない

マジムンとは・・沖縄で「魔物」などを意味する方言です

アンマークゥトゥのやり方

お母さんが、自分の中指の指先を軽く舐めて、下記のおまじないを声に出しながら、そのまま赤ちゃんの額を中指の指先でトントンと優しく叩きます。

<おまじない>

・アンマークゥトゥ アンマークゥトゥ アンマークゥトゥドゥ ンジュンドゥ

意味⇒お母さんのことだけ お母さんのことだけ お母さんのことだけを見てね

アンマークゥトゥについて

今回は『アンマークゥトゥ』おまじないについて記事にしました。いかがでしたか?
母の愛が伝わる優しいおまじないですね!赤ちゃんにも、きっとお母さんの気持ちが伝わるおまじない。
本土のヒトもぜひ、やってみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

沖縄県で、ホームページの制作やメディア運営、アプリ開発などを行っている個人事業主です
「すべての小規模事業主・個人事業主にホームページを」をモットーに、お求めやすい価格でサービス提供しています
全国対応しますので、お気軽にお問合せください。

目次
閉じる