氷川きよしCMのWifi「限界突破」!1年以上使用しての速度レビュー

パソコンやスマホ、テレビなどで動画を観るときは、どうしてもWifiが必要になります。

また、外出先でスマホを触るときには、スマホ契約の通信よりも安いWifiを持ち歩くことで、月々の通信費を節約することができます。

ひと昔前と比べ、通信費用は大きく値下がりし、月に数十GBを使う場合でも数千円で済むようになりました。

ビジネスシーンにおいても、ノートパソコンを持ち歩き顧客先や外出先、場合によっては、簡易的なオフィススペースや在宅勤務でも、Wifiが求められる機会が増えました。

さて、格安のモバイルWifiとして氷川きよしさんがCM出演している「限界突破」

今回の記事では、モバイルWifi「限界突破」を1年以上利用したうえで、速度感や実用性をレビューします。

当記事は、限界突破のアフィリエイトではありません。よって、契約を促すような押し売り情報ではなく、正直なレビューを書きます(当サイトの方針自体がそうです)。記事内に限界突破のサイトへのリンクを掲載していないことが証拠です。

目次

限界突破の速度

モバイルWifiにとって、重要なポイントとなる速度。限界突破の速度はどうなのか。この章で紹介します。

ノートパソコンを使った業務

限界突破のWifiを使って、ノートパソコンで業務を行ったこともありますが、通常通り使えました。ただし、業務内容は業種によって大きく異なるため、一概にはいえません。

わたしの場合、事務職レベルの内容で、クラウドストレージにアクセスしてExcelなどの軽量なデータを取り扱う業務のため、特に通信速度が求められる業務ではないのです。

なお、ホームぺージの更新等、100KBから500KBの画像データなどをアップロード・ダウンロードする作業もありますが、支障はありませんでした。

結論として、数十MB単位のデータの送受信を頻繁に行う業務でなければ、大丈夫と思います。

在宅勤務時におけるZoom会議なども、通常通り行えました。ただし、会議中の映像品質は、通信速度の影響か分かりませんが、時折画質が劣化する瞬間もあり少し心許ない気はします。

スマホの動画再生

わたしは、1年以上、限界突破を利用しているユーザーですが、日々の通勤時において限界突破のWifiを使ってスマホで動画を閲覧しています。

結論として、動画の再生が止まったり、画質が低下するなどの症状が発生したことは、ほぼありません。

(年間の中で1、2回あったかどうかです)

Fire10HDを使って、NetFlixやAmazonプライムの動画を観ることもありますが同様です。

限界突破を使っての動画鑑賞には全く問題はありません。(スマホ・タブレット)

Fire Stick tvやChrome Cast

AmazonのFire Stick tvやChrome Castを限界突破のWifiに繋げると、普通にNetFlixやAmazonプライムの動画が見れました。

前節で、スマホ・タブレットからの視聴に問題はない旨、説明しましたが、大きなテレビ画面においても同様です。

たとえば、Wifi環境がない友人の家でも、Fire Stick tvやChrome Castとともに限界突破を持っていけば、NetFlixなどで映画が観れるのです。

これは、魅力的ではないでしょうか。

スマホの日常的なブラウジング

スマホ契約の通信を使わず、限界突破のWifiを使った場合、なぜかスマホの日常的なブラウジングでは読み込みがされないケースが目立ちます。ブラウジングよりもデータ量が重いはずの動画や音楽では支障ないにも関わらず、です。

これは、時間帯や「日によって」といったレベルではなく、限界突破のWifiを使った場合には、明らかに不便を感じます。たとえば、ChromeやSafariを使ったブラウジングやアプリの更新などで、読み込みがされないことが多いです。

原因は不明ですが、データ通信に必要な「推定速度」によって、速度が制御されているように感じます。

そのため、スマホの日常的なブラウジングのときには、限界突破のWifiを使わなくなりました。

スマホ側で通信量を制御させないよう限界突破のWifiを「定額制」にしたうえでの結果です。また、機種はiPhone12,13、iPad mini6、Androidで幅広く検証済みです。

定額制で設定済み

IP電話

通常、スマホで発着信する電話はインターネット回線の速度の影響を受けません。この節でいう「IP電話」はインターネット回線を使った電話のことです。

<代表的なIP電話>

  • アプリ内の無料電話(LINE電話など。電話番号を使わない通話。)
  • OCNの050Plusなど(050から始まるIP電話)
  • 楽天モバイルの楽天LINK(純粋なIP電話ではありませんが、通信速度も品質に影響します)

IP電話においても、スマホのブラウジング同様、データ速度が求められるほどの通信量ではありませんが、やはり通話品質の劣化が目立ちます。

わたしは、IP電話を利用するときには、限界突破のWifiをオフにしています。

ただし、IP電話については、わたしの経験上、自宅内の安定したWifiでも通話の劣化が発生しますので、限界突破に限らず、スマホ契約の通信が安定するのかもしれません。

限界突破の性能・仕様

端末サイズ152.9×74.2×8.5mm
画面サイズ5.7インチ
重量162g
速度制限5GBまで高速
~10GBまで4Mbps
10GB超えは128kbps
バッテリー3,400mAh
連続通信
可能時間
15時間
同時接続
可能台数
8台
充電ポートUSB Type-C

上表の通り、一定の速度制限はあるものの毎日24:00にリセットされますので、従来のように月間計算で通信量を抑える必要はありません。たとえば、1日に使い過ぎても翌日には高速通信が使えるようになるのです。

公称値はおおむね上記の通りです。

ただし、わたしが使用した限りでは、連続通信可能時間は11時間です。ずっと使っていますが、新品の頃より、12時間以上、連続で使えたことはありません。

限界突破は充電しながらも使えますので、充電環境があれば、さほど問題ではないでしょう。

その他の補足

限界突破の機種は、Androidの機種がベースになっていますが、各種設定項目は使えません。たとえば、SSIDの変更やWifiパスワードの変更も不可です。

カメラも指紋認証も画面ロックの詳細設定(パスワードやPINなど)も不可です。

ただし、地図アプリと翻訳アプリだけは搭載されていて、2つのアプリのみ使えるようになっています。

あとがき

今回の記事では、氷川きよしさんがCM出演しているモバイルWifi「限界突破」について紹介しました。

一部、不満点もありますが、実質的に月間の通信量の制限がないことと、動画の閲覧やノートパソコンを使った業務ができるのは大きな魅力と思います。

わたしも、車で遠出をする際、タブレットで子どもに動画を見せたり、ポケモンGOをするときにも使っています。

モバイルWifiをご検討されているのであれば、「限界突破」を候補にしてもよいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる