二重ルーターとは?インターネットが不安定に!確認方法と解消方法

「インターネットが遅い」「繋がったり、繋がらなかったりする」「特定のサイトが閲覧できない」「メールが受信できない」。

このようなインターネットの不安定な状態は、社内・家庭におけるネットワーク構築機器であるルーターが複数設置されている、いわゆる「二重ルーター」が原因になっているのかもしれません。

二重ルーターは以前からその状態でも、スマホやタブレットなど接続機器が増えたことによって、不具合が発生することもあります。つまり、「最近、ルーターは変えてないので、急に二重ルーターにはならないはず」という考え方は、適切ではないのです。

わたしの経験上ですが、ある賃貸マンションに住んでいる方が、入居当時から二重ルーターの状態を続けていて、3年ほど経ってから「最近、インターネットの調子が悪くなった」という不具合が発生した事例もあります。(原因は二重ルーターでした)

今回の記事では、「二重ルーターとは」の解説から、二重ルーターになっていないかの確認方法、そして二重ルーターの解消方法を紹介します。

目次

二重ルーターとは

ルーターとは、スマホやパソコンなどの各情報端末に、インターネットに接続するためのプライベートIPアドレスを付与する役割を持っています。

それぞれの情報端末にIPアドレスを付与する場合、重複したIPアドレスを付与しないような制御もルーターで行っています。

一般的なネットワーク構成

ONU

通常、インターネットを宅内に引き込むためには、まずONU(光回線終端装置)と呼ばれる機器が必要となります。ONUの役割を簡潔に説明すると、光信号をデジタル信号に変換し、光回線と情報機器の通信を確立することです。

ONU

ONUには、通常、LANポートが1つ搭載されています。そのため、インターネットに接続する情報機器がパソコンのみであり、LAN接続するのであれば、ONUだけでネットワーク構成は完結します。


ルーター

通常、会社では複数のパソコンや複合機などが設置されているため、1台のパソコンだけ、インターネットに接続すればよいというわけではありません。

ご自宅を例にしても、パソコン以上に所有率が高いスマホやタブレット、スマートスピーカーやテレビなど、インターネットに接続する機器は多くあります。

この場合、ONUだけではなくルーターを導入することで、Wifi環境を構築するのが普通です。

ルーター

各ルーターには、1台で何台までの情報機器が接続できるのかが製品の仕様として決まっています。接続台数に応じたルーターが必要です。


ONUとルーターの接続

ONUには、プロバイダー業者が引き込みした光回線を接続し、さらにルーターとはLANケーブルで接続します。

この構成が一般的なインターネットのネットワーク構成です。

この場合、ONUは光信号からデジタル信号への変換のみの役割を担い、ルーターは各情報機器へプライベートIPアドレスを付与する役割を担います。

二重ルーターの状態

ケース1_ONUがルーター機能を持っている

ONUは、光信号をデジタル信号に変換する役割がありますが、ONUによっては、ルーター機能も搭載している場合があります。この場合、ルーターも接続してしまうと、二重ルーターの状態となります。

後述しますが、ルーターが「RT(ルーター)モード」の場合

ルーター機能を持ったONU

ただし、ONUのルーター機能よりも、純粋なルーターのほうが機能(速度・台数)が上の場合がほとんどです。そのため、ルーターを取り外すのではなく、後述するように「ルーターのモードを変更する」ことで、二重ルーターを解消することができます。

ケース2_ONUと複数のルーター

ONUにルーター機能がなくても、複数のルーターを接続することでも二重ルーターの状態は発生します。

たとえば、宅内でインターネットに接続する情報機器の台数が、1台のルーターの接続可能台数を超えたことによって、ルーターを増設した場合などに発生します。

ONUとルーター2台

この場合も、ルーターを2台接続することが悪いわけではなく、ルーターのモードを切り替えることで二重ルーターを解消することができます。

ケース3_インターネット対応のマンションの1室

近年、インターネットの環境が整っているマンションやアパートが増えています。

この場合、個人でインタネットに契約し光回線を引き込む必要はありません。壁に設置されているLANのコネクタにLANケーブルを接続し、その先にルーターを接続するだけでインターネットの環境が整います。

そして、ルーターのモードは後述する「AP(アクセスポイント)モード」もしくは「BR(ブリッジ)モード」に設定する必要があります。

ルーターの設定が「RT(ルーター)モード」になっていると、二重ルーターの状態が発生します。

二重ルーターの確認方法

前章で、二重ルーターの意味と二重ルーターの発生例を紹介しました。二重ルーターになっているかどうかは、スマホのアプリでも確認することができます。

「Fing」というアプリをインストールして、二重ルーターの調査をしたいWifiに接続して確認します。

Fingを使った二重ルーターの調査

①AppStoreまたはGooglePlayより、Fingをインストール
Tracerouteをクリック
③調査のため接続するサイトのURLを入力する。(https://は省く)
実在するURLなら何でも可
④ここでは、Google.comで検証する
Tracerouteをクリック
⑤192.168から始まるIPアドレスを数える

192.168から始まるIPアドレスがひとつであれば、二重ルーターではありません。

⑥192.168から始まるIPアドレスが2つ以上あれば、二重ルーター

192.168から始まるIPアドレスが複数あれば、二重ルーターの状態です。

二重ルーターの解消方法

ルーターの背面には、通常、モードを選択できるスイッチがあります。

  • RT・・ルーターモード
  • AP・・アクセスポイントモード
  • BR・・ブリッジモード

APとBRは呼び名の違いです。ルーターの製品ごとに「AP」か「BR」か、どちらかのモードがあるはずです。

ルーター背面のモード選択
この状態はRT(ルーター)モード
BRモード

ケース1_ONUがルーター機能を持っている

ONUがルーター機能を持っている場合は、接続するルーターは「AP」または「BR」モードにする必要があります。これで二重ルーターの状態を解消できます。

ケース2_ONUと複数のルーター

複数のルーターを接続している場合は、2つ目以降のルーターを「AP」または「BR」モードにする必要があります。これで二重ルーターの状態を解消できます。

仮にONUがルーター機能を持っている場合は、すべてのルーターを「AP」または「BR」モードにします。

ケース3_インターネット対応のマンションの1室

マンションやアパートの1室が、すでにインターネットに対応している場合、壁にLANのコネクタが設置されているはずです。

壁のLANコネクタからLANケーブルを接続する場合のルーターは「APモード」または「BRモード」にする必要があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる