インターネットが途切れる!?Wifi接続台数が原因かもしれません

ご自宅やオフィスなど、これまでは安定していたWifiの接続が急に不安定になることがあります。

Wifiを通じて、インターネットに繋がらない訳ではなく、一応、繋がるもののブラウジングや動画を閲覧していると、Wifiが切れてしまったり、読み込みがされなかったりといった症状です。

そして、しばらくするとまた繋がり、また切断される。

このような状態がある日を境に、継続してしまうことがあります。

インターネットの不具合には、ルーターや端末側の不具合など、様々な原因が考えられますが、Wifiの接続台数が原因になっているケースも少なくありません。

この記事では、Wifiを通じたインターネットが不安定になる症状のひとつの原因であるWifi接続台数について紹介します。

目次

ルーターの接続台数とは

Wifiを使うためには、ルーターという装置が必要です。これは、ご自宅でもオフィスでも同様です。

そして、ルーターには「接続可能台数」という仕様が定められています。

ルーター

接続可能台数

ルーターは、インターネットの速度の上限や接続台数がそれぞれ異なります。Wifiを使う範囲や台数によって、ルーターのスペックを選択する必要があるのです。

一般に、速度が速く接続台数が多いほど、ルーターの価格も高くなります。

たとえば、当初はスマホとパソコン、そしてFireTVやChromeCastなどの機器だけで十分だった環境に、iPadなどのタブレットやEchoShowなどのスマートディスプレイ・スマートスピーカーが追加された場合、ルーターに接続するWifi機器が増えます。

機種変更後の旧スマホ

前節のようなWifi機器に加え、スマホを機種変更したあと、旧スマホも手元に置いておき、Wifi専用機種として使い続けるユーザーは多いと思われますが、その場合もルーターに接続するWifi機器が増えることになります。

数年でWifi機器は増加する

NetFlixをテレビ等で見るためのFireTVやChromeCast、タブレット、スマートディスプレイ・スピーカー。さらに、PSなどの家庭用ゲーム機、会社から持ち帰ったパソコン。

通常、数年間でWifi機器は増えるパターンが多いでしょう。今は、ウォークマンやテレビ、音声でコントロールする家電用リモコンなど、Wifi機能を使う製品がとても増えています。

当初は、10台から18台程度の接続可能台数で十分だったルーターでも、Wifi機器の増加によって環境に対するスペックが不足するケースは多いのです。

ルーターの接続可能台数とは、あくまでも「同時接続」のことを指しているため、どんなに多くのWifi機器の接続履歴があっても、同時接続台数がスペックを超過しなければ問題ありません。

高スペックかつコスパの良いルーター

わたしがこの記事を書くきっかけになったのは、わたし自身の自宅のルーターの買い替えです。

わたしは、ガジェットが好きなため、Wifi機器をよく購入するのですが、いつの間にかルーターのスペックを超過する台数にまで増え、Wifiが不安定になっていました。

<家庭内のWifi機器>

  • スマホ・・7台(旧機種含む)
  • タブレット・・7台
  • EchoShow・・2台
  • FiewTV・・1台
  • ChromeCast・・2台
  • その他スピーカー・・4台
  • パソコン・・3台
  • 家電リモコン・・2台

これまでは、ルーター(Aterm)を2台接続し、何とか環境を保っていましたが、Wifiの接続が不安定な状態になりましたので、下記のルーターに買い替えました。

次に紹介する「01_TP Link」が本命で、「02_Baffalo」は検証用です。

01_【TP-Link】Archer AX73/A

わたしが新しく導入ルーターは、無線LANルーターで世界シェアNo1のTP-Linkの製品Archer AX73/Aです。

高速通信規格のWifi6にも対応し、Wifi接続可能台数は驚異の80台です。これだけあれば、会社のオフィスで使っても大丈夫でしょう。また、Wifiの電波範囲も広いため、インターネットの接続も安定します。

これだけの性能を誇り1万円台前半で購入できてしまいます。正直、同価格帯で同等の製品は見つかりませんでした。

梱包箱も大きめ
サイズは大きい
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる