視覚効果抜群!パワーポイントのスライドショーで部分拡大(ズーム)する方法 

パワーポイントには、スライドショーの最中に、部分拡大(ズーム)をする機能が備わっています。

上記のデモ動画を見ても分かる通り部分拡大の視覚効果は大きく、上手に含めることで、インパクトのある魅力的なプレゼンテーションが作れます。

スライドショーで使う部分拡大の機能の正式名称は「スライドズーム」です。

この記事では、スライドズームの基本的な使い方と実際のサンプル動画を紹介します。

目次

部分拡大するスライドズーム

パワーポイントでは、スライドショーの最中に選択したスライドの一部分をズームインするエフェクト効果を使うことができます。

単に、拡大して表示するわけではなく、ズームインの視覚効果も得られますので、プレゼンテーションを魅力的に仕上げるために、ぜひ使っていきたい機能です。

スライドズームのエフェクト

スライドズームの使い方

この節の説明では、下記の4つのスライドを使ったプレゼンテーションを例にします。

3スライドの次(4スライドの前)に、3スライドの男の子の写真をズームインするエフェクトを加えます。

見本スライド

1スライド
2スライド
3スライド
4スライド

スライドズームの挿入手順

①ズームを挿入する箇所
新しいスライドを挿入する
③新しいスライドはズーム用

新しいスライド(挿入後の4スライド目)は、スライドショーで表示されません。そのため、このスライドは編集する必要がありません。

挿入タブをクリック
⑤リボン内のズームからスライドズームをクリック

スライドズームをクリックするときは、拡大表示したい箇所があるスライドを表示させる必要があります。今回の場合は、スライド3です。

⑥スライドズームの挿入ウィンドウが表示されるので、スライド4を選択し挿入ボタンをクリック
⑦スライド3上に、スライド4のサムネイルが表示される
拡大表示したい箇所にサムネイルを移動する(ドラッグ&ドロップ)
⑨拡大表示したい箇所を確定した状態

この時点では、サムネイルでスライドが隠れた状態になります。この状態では、スライドショーでも隠れたままになるため、次の手順でサムネイルを透明化します。

ズームタブをクリック
⑪リボン内のズームの背景をクリック
⑫サムネイルが透明化された

以上でスライドの部分拡大(ズームスライド)の設定は完了です。スライドショーを再生して確認してみましょう。

このようなスライドショーになる

その他のズーム機能

今回の記事では、スライドの一部を部分拡大するスライドズームの使い方について説明しました。

パワーポイントのズームは、他にもサマリーズーム・セクションズームという機能がありますが、それらは別記事で紹介します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる