Windows10のスタートアップの設定。有効化の方法│パソコン関連

パソコンを起動したときに実行されるアプリケーション。それらは、Windows10スタートアップフォルダスタートアップの設定項目指定されているアプリケーションです。

この記事では、Windows10スタートアップフォルダの場所と起動時実行するアプリケーションのON・OFFの方法を画像付きで説明します。

目次

Windows10のスタートアップ

Windows10スタートアップは、「ショートカットのスタートアップ」「アプリケーションのスタートアップ」の2種類があります。

なお、「ショートカットのスタートアップ」については、フォルダ階層を辿っていく方法もありますが、フォルダの表示方法を変更する必要があり、多少、手間かと思いますので、この記事では最短と思われる方法を紹介します。

ショートカットのスタートアップ

<設定方法>

①キーボードのWindowsボタンとRを同時に押下します。
②入力枠の中にshell:startupと入力し、OKをクリック

コピペ用としてご利用ください
shell:startup

スタートアップフォルダが表示されます。

このフォルダの中に配置したショートカットは、パソコンを起動したときに実行されます(ファイルであればファイルが開く)。

参考~フォルダパス
C:\Users\Kindle\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
※青字の部分は、ユーザーアカウント名

アプリケーションのスタートアップ

<設定方法>

①画面左下のスタートをクリック
設定のアイコンをクリック
アプリをクリック
スタートアップをクリック
⑤不要なアプリケーションの設定をオフにします。(クリック)

ここで、オンになっているアプリケーションは、すべてパソコンの起動時に自動的に起動します。不要な物があればオフにしても構いませんが、裏で起動している必要があるアプリケーションをオフにすると、不具合が発生しますので、明確に把握している不要なアプリケーションのみオフにしましょう。

あとがき

Windowsは、メジャーバージョンアップの都度、これまでのお馴染みの設定項目の場所や、設定方法などが大きく変わってしまうことがよくあります。

パソコンは、ユーザー自身が使いやすいようにカスタマイズすることで、使い勝手や効率が大きく変わりますので、些細なことでもインターネットで調べてみることをおススメします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる