Microsoft365の32bit版をインストールする方法(64bitからの変更含む)

Microsoftのオフィス製品には32bit版64bit版が存在しており、現在、世の中で使われているほとんどのオフィス製品は64bit版になっています。

パソコンやオフィス製品を買い替える際にも、一般的には64bit版でよいのですが、オフィス製品のうち、古いバージョンの「Access」で作ったデータベースは、32bit版でしか動作しないことがあります。

コンパイルエラーが発生する

この場合、「Word」や「Excel」などで支障がなくても、引き続き「Access」のデータベースを使うためには、オフィスを32bit版にする必要があります。

この記事では、Microsoft365(サブスクリプション型のオフィス)ユーザー向けに、Microsoft365の32bit版をインストールする方法およびすでにインストールした64bit版から、32bit版に変更する方法を紹介します。

目次

Microsoft365の32bit版のインストール

Microsoft365の32bit版のインストール手順を紹介します。なお、すでにMicrosoft365の64bit版をインストールしているケースにも対応するため、64bit版のアンインストール手順から紹介していますので、新規インストールのみであれば、前半の手順はスキップしてください。

この手順は、Windows11、Windows10共通です。

64bit版のアンインストール

64bit版をアンインストールした後、32bit版を新規インストールするのですが、インストールするためのMicrosoftアカウントとパスワードが必要になります。普段、日常的に使っていない方は忘れがちのため、手元に準備してから作業を始めましょう。

①スタートメニューから設定アイコンをクリック
アプリをクリック
Microsoft 365 Apps・・をクリック
アンインストールをクリック
アンインストールをクリック
アンインストールをクリック
⑦アンインストールが開始される
閉じるをクリック

~ パソコンを再起動する ~

32bit版のインストール

Microsoftのページにアクセスし、サインインをクリック
②サインインするためのアカウント名を入力し、次へをクリック
パスワードを入力し、サインインをクリック
④どちらかをクリック

このメッセージは、ブラウザにログイン情報を残すかどうかの一般的な確認です。お好きな方を選んでください。

Officeのインストールをクリック
その他のインストールオプションをクリック
アプリとデバイスをクリック
⑧バージョンはデフォルトで64ビットになっている
⑨プルダウンから32ビットをクリック
バージョンが32ビットになっていることを確認し、Officeのインストールをクリック
⑪インストーラーがダウンロードされる
⑫ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックする

ダウンロード先は、各々のパソコンの設定に寄ります。上記の画像では、一般的なダウンロード先である「ダウンロードフォルダ」で紹介しています。

パソコンにログインするためのパスワードを入力し、はいをクリック
※Microsoftにサインインするときのパスワードではありません。
⑭Officeのロゴ画面が表示される
⑮Officeのインストールが開始される
⑯インストールが完了したら、閉じるをクリック
同意するをクリックすると先に進めます

以上の手順でMicrosoft365の32bit版がインストールできます。念のため、「Word」や「Excel」等のOfficeアプリからバージョンを確認してみましょう。正しくインストールされていれば、下記のように32ビット版になっているはずです。

参考:Excelのバージョン確認画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる