GoogleのChromeブラウザを日本語表示に設定する方法を紹介

パソコンで使うブラウザは、GoogleのChromeが圧倒的なシェアを誇っています。

通常、Chromeはパソコンのデフォルトアプリではないため、新しいパソコンを購入した際に、インターネット上からインストールする必要があります。

稀に、インストールした直後のChromeを起動すると、各項目の表示言語が日本語になっていない場合がありますが、慌てて再インストールする必要はありません。

Chromeの設定で表示言語を日本語に設定することができますので、この記事で紹介します。

目次

GoogleのChromeで言語設定をする_日本語・英語

ここでは、GoogleのWindows版のChromeブラウザの表示言語を日本語・英語に設定する方法を紹介します。

日本語に設定する

①Chrome右上の「3つの点が縦に並んでいる記号(:)」をクリック
Settingsをクリック
Advancedをクリック
④左のメニューからLanguagesをクリック
⑤LanguagesのドロップダウンリストからJapaneseをクリック
⑥Japaneseの右の「3つの点が縦に並んでいる記号(:)」をクリック
Display Google ・・のチェックボックスにチェックを入れる
Relaunchをクリック
※Chromeの再起動のことです。
⑨日本語表記になっている

英語に設定する

①Chrome右上の「3つの点が縦に並んでいる記号(:)」をクリック
設定をクリック
詳細設定をクリック
言語をクリック
⑤言語のドロップダウンリストから英語(アメリカ合衆国)をクリック
⑥英語(アメリカ合衆国)の右の「3つの点が縦に並んでいる記号(:)」をクリック
Google Display・・のチェックボックスにチェックを入れる
再起動をクリック
⑨英語表記になっている

あとがき

Chromeを使っていると、不意に英語表記になってしまうという事象が発生する場合もあります。

今回の設定方法で、表示言語はいつでも変更することができますので、ご安心ください。なお、Chromeには「検索する地域設定」を変更する項目もあります。

例えば、地域をアメリカに設定すると、「Amazon」で検索した場合、米国のAmazonのサイトが表示されるなど、アメリカ内の環境でインターネット検索をすることができるようになります。

地域設定の変更方法については、後日、別記事で紹介する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる