「2in1印刷」「Nアップ」1枚の紙に2面を集約して印刷する方法

会社で使う一般的な複合機(コピー機)には、複数のページを1枚の用紙に集約して印刷する「2in1印刷」(または「Nアップ印刷」)の機能があります。

複合機のメーカーによって、機能の呼び方は異なるのですが、この記事ではより一般的な「2in1印刷」という用語を使います。

「2in1印刷」を使えば、紙の削減を実現することができ、また紙の枚数が少なくなることで整理もしやすくなるという利点もあります。

2in1印刷(2枚分の資料が1枚に)

この記事では、複合機で「2in1印刷」をするための設定方法を紹介します。

目次

2in1印刷のしかた

「2in1印刷」は、WindowsやWordなどのOffice製品の機能ではなく、複合機側の機能です。そのため、2in1印刷のしかたは複合機のメーカーや製品機種によって異なります。

この記事では、SHARPの複合機を使った2in1印刷のしかたを説明します。

2in1印刷のしかたは、複合機によって異なるものの、ほとんどのメーカーは似たような項目・手順となっているため、SHARP以外の複合機をご利用の方も参考になると思います。

2in1印刷の手順

Wordで作成した2ページ分を2in1印刷する手順を紹介します


①メニューバーのファイルをクリック
②左側のメニュー内の印刷をクリック
プリンターのプロパティーをクリック

 ~以降の画面からは複合機毎に異なります~

N-UP印刷または2in1印刷などのメニュー項目を探す
⑤1枚の用紙に何ページ印刷するかを選択する
※2ページであれば、「2-UP」または「2in1」
枠線や順序等を選択しOKをクリック
⑦通常通り、印刷アイコンをクリック

印刷のカウントについて

会社で使っている複合機は、印刷した枚数に応じて月締めで請求されることになりますが、今回の記事で紹介した「2in1印刷」は、2ページ分を印刷しても1カウントとなります。

複合機のカウントは「ページ(面)」でカウントされます。たとえば、2ページを「2in1印刷」すれば1カウントですが、「両面印刷」の場合は、2カウントとなります。

紙の枚数も削減でき、複合機のカウント削減にも効果的な「2in1印刷」。積極的に活用していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる