iCloud DriveをWindowsパソコンで使う方法を完全紹介

普段、iPhoneやiPadを使っている方や、仕事でiPhone・iPadを使っている方で、Appleが提供している「iCloud」というクラウドストレージを使っている方は多いです。

一方、日本のビジネスシーンにおいては、Windowsパソコンのシェアが圧倒的に高いため、モバイルデバイスはAppleでもビジネス用のパソコンはWindowsという方がほとんどでしょう。

iCloudWindowsでも使うことができますので、環境を整えればiPhoneやiPadとパソコン間で、スムーズにデータファイルや写真等を同期することができます。

この記事では、WindowsパソコンでiCloudを使うためのインストール方法と基本的な使い方を紹介します。

目次

iCloudをWindowsにインストール

この章では、iCloudをWindowsパソコンにインストールする手順を紹介します。

インストール手順

①ブラウザで「iCloud Windows」のキーワードで検索
Windows用iCloudをダウンロードするの記事をクリック
Microsoft Storeから・・のリンクをクリック
Microsoft Storeアプリの取得をクリック
Microsoft Storeを開くをクリック

直接、Microsoft Storeから検索してもOKです。その場合、手順は下記⑥からの開始となります。

入手をクリック
インストールをクリック
はいをクリック
⑨iCloudのダウンロードが開始される
⑩インストール後、起動をクリック
⑪Appleのログイン画面が表示される
⑫AppleIDとパスワードを入力し、サインインをクリック
⑬iPhone等に通知された確認コードを入力
⑭この画面が表示されたらインストール完了
オプション項目について

写真オプション

「iCloud写真」にチェックをすると、パソコンのフォトフォルダに保存されている写真データが、iCloudに自動的に保存されます。また、「共有アルバム」で共有する写真のフォルダパスを設定することができます。

ブックマークオプション

パソコンの各ブラウザのブックマークをiCloudに保存することができます。

エクスプローラーにiCloudが表示されている

iCloudの基本的な使い方

この章では、iCloudの基本的な使い方を紹介します。

iCloudの保存状態

iCloudは、クラウド型のストレージサービスです。iCloudに保存しているデータは、下記のいずれかの方法で保存されています。

  1. パソコンとiCloud両方に保存されている
  2. iCloudのみに保存されている

上記のうち、どの方法で保存されているのかは、iCloudの各ファイルの表示状態で確認することができます。

iCloudに保存されているデータファイルやフォルダには、「緑色のチェックマーク」「青色の雲のマーク」、どちらかが表示されます。

緑色のチェックマーク
青色の雲のマーク

緑色のチェックマークの場合

パソコンとiCloud、両方に保存されている状態です。基本的に、写真データを見る場合やファイルを開く場合には、この状態になっている必要があります。(この状態であれば、オフライン状態でもデータファイルを使うことができます)

青色の雲のマーク

iCloudのみに保存されている状態です。この状態の写真データやファイルを使う場合には、一旦、ダブルクリックしてパソコンにダウンロードする必要があります。

なお、パソコンには保存されていない状態のため、パソコンの保存容量も使っていません。

基本的な使い方

WindowsパソコンにインストールしたiCloudは、直感的で簡単に使うことができます。

エクスプローラーからiCloudを選択するだけです。ここで表示されるフォルダ領域に、写真データやファイルをドラッグ&ドロップすることで、iCloudに保存することができます。

もちろん、パソコンから保存した各ファイルは、同じAppleIDでログインしているiPhoneやiPadでも使うことができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる