Windows│パソコンにiTunesをダウンロードする手順を紹介

Appleが開発・提供するマルチメディアプレイヤーiTunes

iTunesでは、音楽や映画、最近ではポッドキャストやオーディオブックにも対応し、様々な映像・音のメディアを楽しむことができます。

基本的な機能として、音楽の購入やCDからの読み込み・書き込み、そして、iPhoneやiPadとの連携も可能であり、それらをパソコンで作業することによって、よりiPhoneを楽しいツールに仕立てることができます。

iTunesの開発元はAppleですが、Windows用のデスクトップアプリも提供されています。

Windows用のiTunes

この記事では、Windows用のiTunesをインストールするための手順を画像付きで紹介します。

当記事は、すでにAppple IDを所持していることを前提に手順を説明します。まだ、Apple IDを持っていない方は、併せてApple IDを新規で取得してください。

目次

Windowsパソコン用iTunesのインストール方法

Windowsパソコン用のiTunesをインストールするための手順を紹介します。

なお、基本的にWindows用のアプリケーションはMicrosoft Storeからインストールするのが基本ですが、一般的には、Webブラウザを使ってお目当てのアプリケーションを検索し、ダウンロードサイトに行くことが多いかと思います。

この記事では、Webブラウザを使う方法とMicrosoft Storeからインストールする方法、2パターンで紹介します。お好みの方法でお試しください。

iTunesのインストール手順

Webブラウザを使う方法でも、iTunesの最終的なダウンロードサイトはMicrosoft Storeです。工数はどちらも変わりませんので、やり易そうな方法を選んでください。

①Webブラウザを使う

①Webブラウザに iTunesと入力し検索実行
②この検索結果をクリック

2番目のiTunes for Windowsを・・をクリックすると、Microsoft Storeを経由せずダウンロードすることができますが、こちらはMicrosoft Storeにアクセスできない場合の手段として提供されています。

こちらからでもインストールはできますが、当記事では割愛します。

③この画面が表示される
下にスクロール
Get from Microsoftの画像をクリック
⑤右端のMicrosoftアプリの取得をクリック
Microsoft Storeを開くをクリック
入手をクリック

以降は、当記事の共通手順(アプリの入手以降)をご参照ください。

②Microsoft storeを使う

①タスクバーの検索アイコンをクリック
Microsoft Storeと検索し
同アプリをクリック
③Microsoft Storeが起動する
④検索枠に iTunes と入力し
検索実行
入手をクリック

以降は、次節の共通手順(アプリの入手以降)をご参照ください。

共通手順(アプリの入手以降)

①ダウンロード中の表記になる
開くをクリック
③使用許諾契約が表示される
内容を確認しながら、下にスクロール
④最下段まで表示させると同意するのボタンが有効になる
同意しますのボタンをクリックすると次に進める
iTunes Storeにサインインをクリック
⑦Apple IDとパスワードの入力フォームが表示される
⑧Apple IDとパスワードを入力し、サインインをクリック
⑨iCloudミュージックライブラリが読み込まれる
⑩iTunesが使える状態になる
このイメージ図はApple Music
⑪パソコン上で再生が可能
⑫左上のメニューから様々なサービスを選択できる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる