Windows11のタスクバーに並ぶアイコンを左寄せにする方法

Windows11で大きく変わった変更点のひとつに画面下部に表示されるタスクバーの見た目が挙げられます。

従来のWindowsではすべて左揃えとなっていたのですが、Windows11のデフォルト設定では中央揃えになっています。新しい表示方法に慣れるのもよいのですが、長年Windowsを使ってきたユーザーにとっては、大きな違和感があるでしょう。

日々使うパソコンなので、ストレスのないようにご自身でカスタマイズして使ってもよいですね。

この記事ではWindows11タスクバーに並ぶアイコンを左寄せにする方法を画像付きで説明します。

目次

Windows11のタスクバー

デフォルトでは下記のようにタスクバーにピン留めされたアプリが中央に揃えられています。


表示数は増加

Windows10と比較しても、タスクバーのアイコンの表示数は増えています。たくさんのアプリを起動していても、おおむね表示される程度の余裕があります。

20以上のアプリでも表示可能

タスクバーを左寄せにする方法

①タスクバー上の余白箇所で右クリックし、タスクバーの設定をクリック
タスクバーの動作をクリック
③タスクバーの配置から左揃えをクリック

以上の設定で、タスクバーのアイコンが左揃えになります。

タスクバーの位置変更(横に表示したい)

Windows10では、タスクバーを左サイド右サイドに配置しているユーザーを時々お見かけしましたが、現時点で、Windows11には同機能は備わっていないようです。

わたしは、下に表示して使っていましたので支障はありませんが、横に配置したいユーザーにとっては、残念な仕様変更ですね。

タスクバーを自動的に隠したい

マウスをホバーした時にのみタスクバーを表示して、通常は隠す設定はWindows11でも可能です。前節のタスクバーの設定項目内で設定することができます。

ここのチェックボックスにチェックを入れる

タスクバー右側のエリア(時計等の表示箇所)

タスクバー右側のエリアにアイコンを表示するアプリも選択可能です。前節のタスクバーの設定項目内で設定することができます。


アプリ毎に表示オン/オフが可能

この設定項目については、動作が不安定のようです。Bluetoothのアイコンがエクスプローラーと表示されていたり、オンにしたにも関わらず、実際のタスクバー右側には表示されないケースもありました。

タスクバーのピン留めを外す(非表示)

タスクバー表示(ピン留め)されているアプリは、該当のアプリ上で右クリックをすることで、非表示にピン留めを外す)ことができます。ただし、デフォルトで表示されている「検索」「タスクビュー」「ヴィジェット」「チャット」については、タスクバーの設定から設定変更する必要があります。

メモ帳の例。アイコン上で右クリック

検索、タスクビュー、ヴィジェット、チャット

タスクバーの設定項目内でオン/オフを切り替える

スタートメニューを非表示にすることはできません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる