Windows11│UiPathの動作検証の結果⇒互換性に問題なし

Windows11がリリースされて、これから徐々に様々なシステムやアプリとの互換性の情報が集まってくるでしょう。

近年、業務自動化のテクノロジーである「RPA」を導入している企業は増え続けていますが、RPAはブラウザやアプリケーションのUI要素を捉えて動作する仕組みになっていますので、OSの変更時には、シビアな検証が必要になります。
※UI要素以外でも画像として認識する場合もあります。

基本的に、Windows11は、Windows10をベースにしていますので、理論上は大きな互換性の問題は発生しないはずです。あくまで、理論上は、です。

今回、Windows11上で、国内の代表的なRPAソフトウェア「UiPath」の軽い動作検証を行いましたので、記事にしてみました。

目次

UiPathは正常動作を確認

検証結果

Windows10で稼働していたUiPathのワークフローを実行した結果、Windows11でも正常に動作することを確認しました。なお、実行速度についてもWindows10の環境と同様でした。

正常動作を確認

今回の動作検証で使用したアプリケーションは下記の通りです。

  • Microsoft Access
  • Micrsoft Excel
  • Microsoft Edge
  • Visual Studioで開発した簡易アプリケーション

実行速度

実行速度については、Windows10の環境と同等です。数回実行しましたが、平均値は変わりませんでした。

今後のRPAの運用について

今回の検証においては、Windows11の環境でもUiPathが正常に動作する結果となりましたが、RPAで操作するシステム、アプリケーションは企業によって千差万別です。

中には、Windows11へのアップデート後、エラーが発生するケースもあるでしょう。また、Windows11ではUIの変更(見た目)もひとつの特徴となっていますので、「画像認識」を使っているワークフローであれば、画像の認識ができなくなってしまうことは、充分に想定されます。

併せて、現在は、Windows11のリリース直後ということもあり、これから数か月の間、Windows UpDateが高い頻度で実施されることも想定されます。ブラウザやエクセルなどのOffice製品のUI名称が変更されることも起こり得るかもしれません。

エラーが発生した場合には、根本的な原因を突き止め、効率よく解消していきましょう。

(UI要素については、下記の記事がおススメです)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる