Windows11│無償提供はいつまで?公式発表はされているか?

Windows11が公式にリリースされたあと、すぐにアップグレードしたユーザーは小数派で、多くのユーザーはWindows10のまま様子見をしているのが現状です。

ただし、最新OSがリリースされたのであれば、どこかのタイミングでWindows11にアップグレードすることは避けられません。どうせアップグレードするのなら、金額的な負担なく無償でアップグレードしたいところでしょう。

この記事では、Windows11へのアップグレードに関して、いつまで無償提供される予定なのか、Microsoftの公式発表も含めて紹介します。

目次

Win11の無償提供はいつまでか?

Microsoftの公式発表

Microsoftの公式ホームページによると、「(Windows11への)無料のアップグレードが可能な期間はいつまでですか?」という問いに対して、下記のように回答しています。

対象となるシステムに対する無料アップグレードに特定の終了日は設けていません。しかし、Microsoft は無料アップグレードに対するサポートをいずれ終了する権利を留保します。この終了日が 2022 年 10 月 5 日より前になることはありません。

Microsoft公式HPより

これは、Windows11へのアップグレードが無償で提供される期間について、現時点で具体的な日程は決まっていないものの、最低でも2022年10月5日までは無償提供されることを意味しています。

具体的に、いつまで無償提供されるのかは、引き続きMicrosoftの発表を待つしかないでしょう。なお、当サイトでも続報は確認していますので、発表内容に変更があれば情報を更新します。

Windows11へのアップグレードの対応

当サイトは、Windows11へのアップグレードを先延ばしにするのではなく、(企業であれば)段階的にアップグレードを進めることがリスクを最小化できる最適解と考えています。

これについては、他の記事で情報発信していますので、Windows11へのアップグレードを検討しているのであれば、ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる