【完全解説】Win11からWindows10に戻す方法を写真で解説

2021年10月にリリースされたWindows11は、ベースがWindows10であり、動作やアプリケーションに関するWindows11との互換性は高いとされています。

事実、Windows11にアップグレードしてから目立った不具合は報告されていないようです。

基本的に、Microsoftはセキュリティの観点等から、最新OSであるWindows11の利用を推奨していますが、極稀に何らかのアプリケーションの動作に不具合が生じたり、通常のWindows Updateと勘違いしてWindows11にアップグレードした結果、Windows10に戻すことを希望するユーザーもいるでしょう。

この記事では、Windows11にアップグレードしたあと、Windows10に戻すための条件やその方法について、写真付きで解説します。

目次

Windows10に戻す

この章では、一旦、Windows11にアップグレードしたパソコンをWindows10に戻す方法を紹介します。

Win10に戻す条件

Windows10に戻すためには、Windows11にアップグレードしてから10日間という制限があります。11日以上経過している場合には、Windows10に戻すことはできません。

正確には、Windows10の再インストールを行うことでダウングレードは可能ですが、当記事では触れません。

Win10に戻す方法

Windows11からWindows10に戻すためには、Windowsの基本機能「システムの復元」を使用します。

①左下のスタートアイコンをクリック
設定アイコンをクリック
③下にスクロール
回復をクリック
復元のボタンをクリック
電源接続が必要

Windows11からWindows10に戻す際には、そのパソコンを電源に接続する必要があります。たとえ、十分なバッテリー容量が残っていても、下記のメッセージにより、電源接続が必須となります。

バッテリー駆動の状態では、先に進めない
⑥Windows10に戻す理由の入力画面
⑦いずれかにチェックをし、次へをクリック
行わないをクリック
次へをクリック
次へをクリック
Windows10に復元するをクリック

Windows10に復元するをクリックすると、もうキャンセルはできません。十分にお気をつけください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる