Word│スペースの四角記号(□)の表示・非表示を切り替える方法

Wordで作成した文書では、スペースに四角記号(半角の場合は中点)が表示される場合があります。

意図的に表示した場合にはよいのですが、意図せずに表示されてしまった場合、文字との区別がつかずに落ち着かないかもしれません。

Wordのスペースに表示される四角記号のことを「編集記号」といいます。

この記事では、Wordのスペースに表示される四角記号の表示・非表示を切り替える方法を紹介します。

目次

Wordのスペースの四角記号

Wordのスペースの四角記号は、表示非表示を簡単に切り替えることができます。

Wordの編集記号

Wordのスペース箇所に自動的に表示される記号のことを「編集記号」といいます。

編集記号は、全角スペースの場合は「□」、半角スペースの場合は「・」です。編集記号は、Word上でのみ表示される記号であり、印刷時には印字されません。

編集記号

編集記号は、意図的に「字下げをしている」や「単語間を区切っている」ことを表すことができ、この記号の意味を理解している人にとっては、読みやすいと思います。

編集記号は設定に依存

編集記号の表示・非表示は、それぞれのユーザーのWord設定に依存します。

Word文書の作成者が編集記号を表示させたとしても、たとえばメールで同Wordを送信した場合、相手方のWordの編集記号の表示が非表示になっていれば、編集記号は表示されません。

つまり、前節の編集記号が表示されているWord文書でも、相手方では下記のように表示されます。

編集記号の表示・非表示は個々の設定に依存

編集記号の表示・非表示を切り替える

Wordのスペースに表示される四角中点といった「編集記号」は、ホームタブ内の下記のアイコンをクリックするだけで、表示・非表示を切り替えることができます。

ホームタブ

その他、Wordのオプション設定でも切り替えることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる