Wordにページ番号/総ページ数を挿入する。[表紙以外]も可能です

Wordはページの概念がしっかりとした文書作成ソフトのため、業務手順書や契約書、諸規則などでもよく使われています。

そして、Wordの中でも特に活用されている機能が、各ページに表示される「ページ番号」「総ページ数」です。Wordでは、簡単に「ページ番号」「総ページ数」を、ドキュメント内のすべてのページに表示させることができます。

一方、Wordの最初の1ページ目は表紙になっている場合など、2ページ目から付番を開始したいというご要望も多くあります。

この記事では、Wordに「ページ番号」と「総ページ数」を挿入する方法と併せて、表紙以外の2ページ目から表示させる方法も紹介します。

目次

Wordにページ番号と総ページ数を挿入する

Wordでは、簡単にドキュメント内のすべてのページにページ番号総ページ数を挿入することができます。この章で説明します。

ページ番号総ページ数は、「ページの上部・下部」、「右寄せ・中央・左寄せ」と任意で設定することができますが、当記事では一般的と思われる「ページの下部・中央」への挿入で説明します。

ページ番号を挿入する

挿入タブのリボン内からページ番号をクリック
ページの下部をクリック
※上部でも可
③右寄せ・中央・左寄せから任意の表示箇所をクリック

下にスクロールすることで、様々な表示デザインから選択できます。当記事では[シンプル]かつ中央揃えを選択します。

④ページ番号が挿入された

以上がWordドキュメントへのページ番号の挿入です。上のイメージ図では分かりませんが、ドキュメント内のすべてのページに連番で挿入されています。

ページ番号と総ページ数を挿入する

総ページ数を含める場合も、前記②の手順までは一緒です。ここでは、前記②の続きから説明します。

ページの下部を選択したあと、[x/yページ]までスクロール
その後、右寄せ・中央・左寄せから任意の表示箇所をクリック
②ページ番号と総ページ数が挿入された

以上がWordドキュメントへのページ番号と総ページ数の挿入です。ドキュメント内のすべてのページに連番で挿入されています。

[表紙以外]でページ数と総ページ数を挿入する

ここまでは簡単に設定できたかと思います。一方、表紙以外という条件を含めると、普段、プログラミングや数式に不慣れな方は難しく感じるかもしれません。

この章で、できるだけ分かりやすく紹介しますので、ぜひチャレンジしてみてください。

[表紙以外]ページ番号を挿入する

前章のページ番号を挿入した後から始めます。

表紙のページ数をダブルクリック
ヘッダーとフッターのタブが表示される
先頭ページのみ別指定の項目がある
先頭ページのみ別指定の項目にチェックを入れる
先頭ページのページ番号が消える

一見、以上で完了のように思えますが、実は2ページ目のページ番号は変わっていません。(2になっています)
つまり、先頭ページは表示が消えただけで、1ページ目と認識されたままなのです。そのため、もう少し設定が続きます。

ヘッダーとフッタータブ内のページ番号をクリック
その後、ページ番号の書式設定をクリック
⑥このような設定画面が表示される
開始番号のラジオボタンをオンにして、0を指定
その後、OKをクリックする
⑧これでWordの2ページ目から[ページ番号1]で挿入される
⑨最後に、ヘッダーとフッターを閉じるをクリックする

表紙以外にページ番号を挿入する方法は以上です。

[表紙以外]ページ番号と総ページ数を挿入する

前章のページ番号総ページ数を挿入した後から始めます。ここが難しいです。

表紙のページ番号/総ページ数をダブルクリック
リボン内に先頭ページのみ別指定の項目がある
②表紙からは表示が消えるが、2ページ目以降の総ページ数には表紙も含まれている

上記②のイメージ図では、ページ番号と総ページ数が[1/3]になっています。ページ番号が[1]になっているのは、前節の通り、開始番号を[0]にしているためです。

③2ページ目のページ番号/総ページ数をクリックし
[altキー]と[F9キー]を押下する

以降、拡大して説明します。

④このような数式が表示される
⑤分母の{NUMPAGES}をダブルクリックする

ここでは、{}を除く NUMPAGES の文字すべてが濃いグレーで塗りつぶしされていることを確認してください。こうなっていないと次工程で必ず失敗します。

[ctrlキー]と[F9キー]を押下する

分母の表示が、{NUMPAGES}から{{ NUMPAGES }}に変わったことを確認してください。次工程で、この数式を部分編集します。

⑦分母をこのように編集する。[=]と[-1]は手入力で入力する必要がある。
下記、ピンク枠でも説明しています。

{{ NUMPAGES }}から、{={ NUMPAGES }-1}に編集します。左記のオレンジの蛍光ペン箇所が手入力部分です。

⑧最後に、[altキー]と[F9キー]を押下すると、総ページ数から1ページ分、減算されている
ヘッダーとフッターを閉じるをクリックして完了

表紙以外にページ番号総ページ数を挿入する方法は以上です。うまくできましたか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる