Wordで関数を使う方法。数式を使って合計を求める実例を紹介

Excelは「表計算ソフト」という特性上、関数数式を使って合計値などを計算する機会が多いのですが、WordではExcelほど関数数式は使われていません。

でも、Wordで請求書や見積書を作成することは珍しいことではありません。また、それらの書類では通常、金額、つまり数値を扱うことから、合計を求めるための関数数式もWordに求められる機能といえるでしょう。

実は、Excelほどのバリエーションはありませんが、Wordでも関数数式は使うことができます。

この記事では、Wordで関数を使う方法や数式使って合計値を求める実例を紹介します。

目次

Wordの関数や数式について

Wordは「文書作成」を目的にしたソフトのため、関数数式は常に使われる訳ではありません。Wordで関数数式を使うのは、基本的に、Wordに挿入した「表の中」となります。

関数数式は表内で使われる

Wordで関数や数式を使う実例

この章では、実際にWordの関数数式を使った実例を紹介します。それぞれ、ご覧いただければ、使い方もご理解いただけると思います。

Wordの関数・数式の基本

Wordには、Excelのように「セル番地」は表示されていませんが、概念自体は一緒で、左端の最上位のセルが「A1」、そこから右に移動するにつれて「B1、C1・・」と進んでいき、下に移動するにつれて「A2、A3・・」と進んでいきます。

つまり、挿入した表ごとにExcelのような「行と列の概念」が使われるということです。

Wordで関数を使った実例

実例の紹介

下記のイメージ図では、赤枠(赤字)の箇所でSUM関数を使っています。

SUM関数で合計値を算出

実際に使っている関数を表示させると下記のようになります。縦計算の合計値でも関数を使っていますが、現時点では赤枠個所のみをご覧ください。

SUM関数

WordでもExcelと同様の規則性でSUM関数が使えることがご理解いただけたかと思います。

関数の使い方

①関数を入力したいセルにカーソルを合わせる
レイアウトタブ内の計算式をクリック
②計算式にExcelと同じ規則で関数を入力する
OKボタンをクリック

この時点で計算式の入力枠には[=SUM(LEFT)]の関数がデフォルト表示されている場合もありますが、詳細は後述します。

③SUM関数が機能し合計値が表示される
フィルハンドル

Wordでは、Excelのように1行目に入力した関数を下にドラッグすることで、自動的に関数内の行番号を進めてくれる機能(フィルハンドルといいます)は使えません。

関数数式自体が使えるので、対応して欲しいというニーズは多いと思うのですが、現時点では不可です。

下に引っ張り関数をコピーすることはできない!

Wordで使える関数

Wordでは、下記の関数が使えます。

関数機能
ABS絶対値を求める
AND論理積を求める
AVERAGE平均値を求める
COUNTデータ個数を数える
INT値を整数化する
MAX最大値を求める
MIN最小値を求める
MOD割り算の剰余を求める
ROUND四捨五入する
SUM合計値を求める
Wordで使える関数

Wordの特殊な関数

LEFT・RIGHT・ABOVE・BELOW

Wordには、Excelには存在しない特殊な関数があります。とても便利なため、覚えておいたほうがよいでしょう。

前節で、合計値を算出する際、[=SUM(B2:C2)]のようなSUM関数を使いましたが、Wordでは計算範囲を省略することができます。

具体的には、[=SUM(B2:C2)]という範囲の代わりに、[=SUM(LEFT)]のように上下左右のセル方向を指定するだけで、合計の計算が可能になります。

上方向
下方向
左方向
右方向
このように使える

Wordで数式を使った実例

実例

下記のイメージ図では、赤枠(赤字)の箇所で数式(四則演算)を使っています。

数式の使い方

Wordの数式の使い方は、基本的に関数の使い方と一緒です。

①数式を入力したいセルにカーソルを合わせる
レイアウトタブ内の計算式をクリック
②計算式にExcelと同じ規則で数式を入力する
OKボタンをクリック
③数式が機能し合計値が表示される

入力した関数・数式を表示させたい

Wordには、Excelのような[数式バー]がありませんので、関数数式の結果のみが表示されてしまいます。当然、実際に入力した関数・数式を確認したい場合もありますので、表示方法を紹介しておきます。

関数・数式を表示させる方法

キーボードの[altキー] + [F9キー] を押下

以上の操作で、Wordの表内で使っている関数・数式が表示されます。もう一度、同じ操作をすることで関数・数式の結果表示の状態に戻ります。

[altキー] + [F9キー]

あとがき

今回は、Wordで関数や数式を使うための実例や基本知識を記事にしました。この内容は、世間的にニーズの高いテーマでもあります。

なお本記事では、Excelの関数・数式の使い方は分かっていることを前提にしていますので、超基本的(Office共通的)な内容は割愛し、あくまでもWordに特化した内容としています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる