Wordで2つの文書を並べて表示する。比較・チェック作業が効率化

Wordで何らかのドキュメントを編集する際、編集前の元ファイルと見比べながら修正・更新を加えていく作業をしたご経験はありますか?

Windowsでは、いくつもアプリケーションウィンドウを開いて同時に作業をすることができますが、それぞれ適切なウィンドウサイズに調整し、また、「編集前ドキュメント」と「編集中ドキュメント」を適宜、スクロールする必要もあります。

左右で同じ位置を保たなければならない。。

2つの文書を同じ量でスクロールするのは、意外に大変ですが、Wordではこのような作業を想定し、2つの文書を並べて表示する機能があります。

この記事では、Wordの2つの文書を並べて表示して比較・チェック作業を効率化する方法を紹介します。

目次

2つの文書を並べて表示(比較)

この記事の冒頭で紹介した通り、Wordでは2つの文書を並べて表示する「並べて比較」という機能があります。「並べて比較」を使うと、ウィンドウサイズをアナログで調整する必要はありません。

また、一方をスクロールすると「並べて比較」しているもう一方のドキュメントも同じ量、スクロールされます。

並べて比較すると、左右の表示位置が必ず揃う

並べて比較の使い方

①まずは比較したい2つのドキュメントを開いておく
表示タブの並べて比較をクリック
③2つの文書が並んで表示される

以上が、Wordで2つの文書を並べて表示させる方法です。もちろん、左右どちらのドキュメントも編集可能です。

整列・同時にスクロールの解除

整列

通常、並べて比較は横並びになりますが、整列(縦並び)表示にすることもできます。

表示タブのウィンドウから整列をクリック
②2つの文書が整列(縦並び)表示になる
※同時にスクロールも有効な状態

同時にスクロールを解除

2つの文書を並べたとき、同時にスクロールすることで、2つの文書の表示位置を常に同じに保つ機能は、設定で解除することもできます。

表示タブのウィンドウから同時にスクロールをクリックして解除
※クリックする都度、有効・無効が切り替わります

あとがき

今回は、Wordで2つの文書を並べて表示する機能について記事にしました。

それほど使う機会はないのかもしれませんが、ドキュメントを更新する際、見比べて作業するのであれば、非常に便利な機能です。

ぜひ、使ってみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる