Wordで文字や段落を枠付きにしたい。『囲み線』という機能を使います

Wordの文書内で文字を枠付きにしたい場合、囲み線という機能を使えば簡単に実現することができます。

囲み線は、文字や単語だけではなく段落全体に設定することも可能で、線のスタイルや色を変えることも可能です。

文字列に囲み線
段落に囲み線
赤い点線の囲み線

この記事では、Wordの囲み線の使い方やカスタマイズの方法について紹介します。

目次

Wordの囲み線の使い方

Wordの囲み線は、ワンクリックで簡単に設定する方法と、文字・段落を選択したり、線のスタイル・色をカスタマイズして設定する方法があります。

それぞれの方法について、紹介します。

ワンクリックで囲み線を設定する

囲み線を設定したい文字を範囲選択する
ホームタブから囲み線のアイコンをクリック
②の拡大図
③囲み線が設定される
補足

この方法は、とても簡単に文字に囲み線を設定することができますが、線のスタイルや色はデフォルト設定にしかなりません。その他、行を跨ぐ場合には、下記のように表示されてしまい実用性に欠けます。これは、段落ではなく「文字」に対して囲み線が設定されていることが理由です。

行を跨ぐ文字に設定すると・・
このような囲み線になってしまう

このように「文字ではなく段落」に対して、囲み線を設定したい場合には、次の節の手順をご覧ください。ご希望通りの囲み線が設定できると思います。その他、文字を対象にした囲み線でも、線のスタイルや色等のカスタマイズも可能です。

カスタマイズして囲み線を設定する

前記の方法ではできなかった「行を跨ぐ文字(段落)」に対して、囲み線を設定する事例で紹介します。

囲み線を設定したい文字を範囲選択する

実際は、段落の中にカーソルを置くだけでもよいのですが、「段落」の概念の理解が必要なため、当記事では簡略的に説明します。

ホームタブ内の罫線アイコン横のv記号をクリック
②の拡大図
罫線アイコンではなく、横のv記号をクリック
線種とページ罫線と網掛けの設定をクリック
④設定画面が表示される
囲むをクリック
⑥線の種類や色、太さを選択できる
⑦設定対象で段落を選択し、OKボタンをクリック
間隔の調整

上記イメージ図⑦の[設定対象]と[OKボタン]の間にある[オプションボタン]をクリックすると、文字列と囲み線の間隔(ピッチ)を調整することができます。

⑧段落単位で囲み線が設定された

以上、段落を対象に囲み線を設定したり、線のスタイル・色等をカスタマイズする方法です。

あとがき

今回は、Wordドキュメント内の文字や段落に対して、囲み線を設定する方法を記事にしました。

Wordは、とても多機能な文書作成ソフトで、様々な機能を理解することで、より表現力のあるドキュメントを作成することができるようになります。

当記事では引き続き、Word関連の情報を多く発信していきますので、またご覧いただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる