Wordの拡張子を解説。docとdocxとは?変換方法も説明します

複数のWordドキュメントが保存されている社内フォルダを開いたとき、どちらもWordのドキュメントのはずなのに、拡張子が異なっている、と気付いたご経験はないでしょうか。

特に、「.doc」「.docx」の組み合わせは未だに見られるかもしれません。

docが混在

「.doc」は古いWordの拡張子。と何となく勘付いている方も多いと思いますが、この記事でWordの拡張子について具体的に解説します。併せて、「.doc」を「.docx」に変換する方法も紹介します。

目次

Wordの拡張子(doc,docx)

Wordの拡張子について、解説します。

Wordは、これまでに主に西暦をバージョン名にして、複数の製品版をリリースしていますが、拡張子「.doc」はWord2003以前「.docx」はWord2007以降の拡張子です。

なお、Wordを保存するときのダイアログでは、下記のように拡張子(ファイルの種類)を選択できるようになっています。

Wordの主な拡張子一覧

拡張子種類2007以降2003以前
.docxWord文書(.doc)
.docmマクロ有効文書(.doc)
.doc97-2003文書(.docx,docm)
.dotxテンプレート(.dot)
.dotmマクロ有効テンプレート(.dot)
.dot97-2003文書(.dotx,dotm)
Wordの主な拡張子(赤字は2003以前)

簡単に説明すると、Wordには文書用の拡張子とテンプレート用の拡張子があり、それぞれ2003以前と2007以後で、拡張子が異なります。併せて、2007以降はマクロ有効の有無を拡張子で判別できるようになりました。

マクロの注意点

Excelでも一緒ですが、2003以前のWordでは、マクロ有効文書も通常の文書も同じ拡張子「.doc」を使っていました。つまり、拡張子だけではマクロが書かれたドキュメントなのかどうか、判別がつかないのです。

新しい版では、マクロ付きを意味する「m」を拡張子の末尾に付与するようになっています。

なお、マクロ付きの「.doc」については、拡張子で判別がつかないという特徴を使って、マルウェアなどの悪質プログラムで利用されることが多いです。(マクロはプログラムのため、ファイルを開くだけで攻撃を開始できる)

セキュリティは常日頃から気を付ける必要がありますが、特にメール等で受信した「.doc」ファイルは、絶対に開いてはいけません。

古い「.doc」の扱い。「.docx」への変換方法

前章で、Wordの主な拡張子について説明しました。

この記事をご覧になっている方のほとんどは、「.doc」と「.docx」の明確な違いを調べたかったのだと思います。

違いは、Wordのバージョンであることはご理解いただけたかと思うのですが、この際、すべての「.doc」ファイルを「.docx」に変換することをおススメします。

互換性について

「.doc」と「.docx」の互換性について。分かりやすく説明すると『大は小を兼ねる』です。(ブルーレイとDVDの関係で考えても分かりやすいでしょう)

古い「.doc」は新しいWordで開けますが、新しい「.docx」は古いWord(2003以前)では開けません。

Word拡張子Word2007以降で開ける?Word2003以前で開ける?
.doc
.docx
Wordの互換表

.docから.docxへの変換方法

前記の通り、古い「.doc」は現在の新しいWordでも開くことはできますが、正確には「互換モード」という機能が働いています。

「互換モード」は今後、永久的に提供されるとは限らず、また、「.doc」は、「.docx」と比べ、ファイルサイズが重いというデメリットも抱えています。

拡張子ファイルサイズ
.doc重い
.docx軽い

さらに、今後、更新を加えていくのであれば、「.doc」は機能的に制限されることも考えられます。よって、新しい「.docx」へ変換することが望ましいでしょう。

保存時に拡張子を変更する

「.doc」を「.docx」に変換するのは、とても簡単です。

まず、「.doc」を通常通りに開き、保存ダイアログで拡張子(ファイルの種類)を「.docx」に変更して保存するだけです。

ファイルの種類
Word文書(.docx)に変更して保存
※マクロ付きであれば、(.docm)

「.dot」から「.docx」への変換について、特に問題が指摘されている訳ではありませんが、ごくマイナーな不具合等が発生する可能性は捨てきれません。大事なファイルであれば、一定期間、「.doc」もバックアップとして保管しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる