パソコン起動時のTeamsの自動起動を停止する方法│パソコン関連

パソコンを起動したときに、毎回、自動起動するTeams。常時、使用する方には便利である一方、Teamsを使っていない方や、利用頻度が低く使うときだけ起動したい方にとっては、少し煩わしく感じてしまうかもしれません。

パソコンはカスタマイズ性が高いため、自動起動させるアプリケーションは設定で変更することができます。Teams自動起動停止することも簡単にできてしまいます。

画像付きで解説しますので、お困りの方はぜひご一読ください。
※本記事は、Windows10を前提にしています。

<初期設定の場合>

Windows10の起動とともに、上記のようにTeams自動的に起動します。この記事では、停止するための設定方法を説明します。

目次

Teamsの自動起動を停止する方法

以前のWindowsでは、「スタートアップフォルダ」という専用のフォルダがあり、そのフォルダにアプリケーションのショートカットなどを配置することで、パソコン起動時に自動起動させるアプリケーションを選択することができましたが、Windows10では下記のように、設定箇所が異なっています。

<設定方法>

①画面左下のスタートをクリック
設定のアイコンをクリック
アプリをクリック
スタートアップをクリック
Microsoft Teamsがオンになっているはずです。

ここで、オンになっているアプリケーションは、すべてパソコンの起動時に自動的に起動します。不要な物があれば一緒にオフにしても構いませんが、裏で起動している必要があるアプリケーションをオフにすると、不具合が発生しますので、明確に把握している不要なアプリケーションのみオフにしましょう。

⑥Microsoft Teamsの設定をオフにします。(クリック)

以上で、Teams自動起動の停止設定は完了です。次回のパソコンの起動時に、確認してみてください。

あとがき

Windows10では、OSのアップデートが強制的に行われることがありますが、そのアップデートが原因で、色々なパソコンの設定が初期に戻ってしまうこともあります。

再び、Teamsが起動するようになってしまう可能性もありますが、その際には今回の設定を再度行うことで、停止することができます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

沖縄県でホームページ制作や店舗の集客サポートなど、小規模事業主のサポートを行っています。ホームページ制作については、月額2,580円の低価格でサービス提供していますので、ご関心のある方は、お問い合わせください。(全国対応)

目次
閉じる