Zoom会議前に行うマイク・スピーカ・カメラのテスト方法│Zoom講座

この記事では、Zoomオンライン会議を始めるまえに行うマイク・スピーカー・カメラテスト方法を説明します。

Zoomは特に設定しなくても、マイク・スピーカー・カメラは使うパソコン(スマホ・タブレット)のその時点の有効なデバイスが選択されるようになっています。

しかし、万が一にでも、会議が始まってから「マイクが通じていない!」「音声が聞こえない!」となってしまうのは、主催者としても参加者としても望ましくないでしょう。
※場合によっては、他の参加者に迷惑をかけてしまいます。

そのようなトラブルを防ぐためにも、マイク・スピーカー・カメラテストは事前にしっかりと行っておきましょう。

目次

それぞれのテスト方法

スピーカーのテスト

設定のアイコンをクリック
オーディオをクリック
スピーカーのテストをクリック
出力レベルのメーターが動いていることと、実際にスピーカーから音が聞こえることを確認

この時点で、スピーカーから音が聞こえなければ画面のメッセージに従って、別のスピーカー(デバイス)を選択してテストを繰り返します。また、USBやBluetoothのスピーカーが接続されていないことも確認します。

マイクのテスト

⑤次に、マイクのテストをクリック
⑥実際に発声して、入力レベルのメーターが動いていることを確認

この時点で、入力レベルが動いていなければ画面のメッセージに従って、別のマイク(デバイス)を選択してテストを繰り返します。また、USBやBluetoothのマイク・イヤホンが接続されていないことも確認します。

カメラのテスト

⑦次に、ビデオをクリック
⑧正常にカメラが映っていることを確認

この時点で、カメラの映像が映っていなければ画面のメッセージに従って、別のカメラ(デバイス)を選択してテストを繰り返します。また、USBやBluetoothのカメラが接続されていないことも確認します。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる