メールの添付ファイルを開こうとするとWinZipの注文画面が表示│パソコン関連

メールに添付されたファイルにパスワードが設定されている場合、通常、ダブルクリックすることで「ファイルを展開」⇒「パスワード入力」に進むことができますが、まれにWinZipというソフトウェアの注文画面が表示されることがあります。

WinZipの試用期間は終了しました!というメッセージとともに、注文を進めるメッセージが表示されています。

今回の記事では、WinZip注文画面が表示される場合の対処方法を画像付きで解説します。

目次

デフォルト設定がWinZipになっている

ファイルを展開する際に、WinZip注文画面が表示されるのであれば、そのパソコンではファイル展開の標準ソフトにWinZipが設定されています。

ファイルの展開は、Windows10の標準「エクスプローラー」で何の不便もありませんので、設定を変更することをおススメします。

なお、エクスプローラーでは通常、下記の画面遷移でファイルを解凍、展開することができます。

<エクスプローラーの場合>

図①
図②

WinZipからエクスプローラーに変更する方法

①添付ファイルをデスクトップに保存する
②添付ファイル上で右クリック
変更をクリック
④WinZipになっているがエクスプローラーを探す
エクスプローラーを選択し、OKをクリック
⑥プログラムがエクスプローラーになっていることを確認し、OKをクリック

以上の操作で、ファイルを展開するプログラムがエクスプローラーに変更されました。

WinZipになってしまった原因

これで、ファイルを展開するときには、特に期限を気にすることはなく、ひと安心でしょう。

しかし、「なぜWinZipになったのか・・」という疑問は残ります。これには様々な理由が考えられますが、下記の2点が原因になっている場合が多いようです。

  1. 何らかのフリーソフトをインストールする際に、一緒にインストールされてしまった
  2. パソコンを買い替えたときに、新しいパソコンにプレインストールされていた
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる