ノートパソコンのタッチパッドで右クリックやスクロールをする方法

パソコンで最も人気のある入力デバイスはマウスです。

一方で標準的なノートパソコンに搭載されているタッチパッドは、ほとんど使われることはありません。タッチパッドは、マウスカーソルを動かすことしかできないと考えていませんか?

実は、タッチパッドは簡単かつ直観的に様々な操作をすることができます。右クリックスクロールを覚えるだけでも便利になりますが、ユーザーの好みに合わせてカスタマイズすることもできます。

この記事で、右クリックスクロールの他、タッチパッドでできることと具体的な操作方法、カスタマイズの方法を説明しますので、ぜひご覧ください。

目次

タッチパッドの使い方

ノートパソコンの製品によってデフォルトの設定は異なるかもしれませんが、基本的にタッチパッドWindowsのデバイス設定で管理されています。

そのため、右クリックスクロールを含む基本的な動作などは、全ノートパソコン共通です。一通り慣れてしまえば、汎用的に活用することができます。

1本指を使った操作

(マウスカーソルの移動は割愛します)

効果:左クリック

2本指を使った操作(右クリック・スクロール)

2本指でタップ

効果:右クリック

2本指で下にスライド

効果:ウィンドウを上にスクロール

2本指で上にスライド

効果:ウィンドウを下にスクロール

2本指でピンチイン・アウト

効果:表示の拡大・縮小

スマホでお馴染みの機能。便利です。

3本指を使った操作

3本指でタップ

効果:Windows Searchの起動

Windows Search

3本指で下にスライド

効果:デスクトップの表示

全アプリを最小化します

3本指で上にスライド

効果:マルチタスク表示

マルチタスク

3本指で右or左にスライド

効果:アプリの切り替え

スマホでお馴染みの機能。便利です。

タッチパッドによる操作は、おおむね以上ですが、Windowsの設定画面により4本指の分も割り当てることが可能です。

カスタマイズ(設定)方法

<設定方法>

①左下のスタートをクリック
設定アイコンをクリック
デバイスをクリック
タッチパッドをクリック
感度基本的な動作を設定
3本指の設定割り当て
4本指の設定割り当て

あとがき

タッチパッドの効果的な使い方カスタマイズ方法は以上です。

マウスの不意の不具合や、パソコンを外に持ち運ぶとき、少しだけ使いたい場合など、タッチパッドの使い方にも慣れていると意外に便利なものです。

一方で、細やかな操作、例えば画像のトリミングや加工などにはタッチパッドは不向きと思います。状況に応じて、使い分けができれば便利ですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる