パソコンで画像のサイズを縮小する方法│(容量を小さくする)

最近のスマホやiPadに代表される高額タブレットでは、カメラの写真画質が向上しており、ひと昔前のデジタルカメラに匹敵するともいわれています。

一方で、高画質化が進むにつれて「写真のサイズ」も肥大化します。

画像のサイズが大きければ、メールで送信できなかったり、先方で表示させるのに時間がかかったりといった不都合も発生してしまいます。

画質に拘らない用途で画像を共有するのであれば、適度なサイズに縮小したほうがよいでしょう。

この記事では、パソコンを使って画像のサイズを縮小容量を小さくする方法を、説明します。

目次

画像・写真のサイズを小さくする方法

推奨サイズ

画像・写真の推奨サイズは用途によって異なってきますが、スマホで見るのであれば600ピクセル程度で十分かと思います。例えば、写真で雰囲気のみを伝えたい場合などです。

一方、保存用や印刷用として高画質が望ましいのであれば、サイズ縮小はおススメしません。

サイズを小さくする方法

今から説明する方法で簡単にサイズを小さくすることができますが、サイズ変更後、上書きをしてしまうと元の画像・写真自体が縮小されてしまいます。元の画像・写真は高画質のまま保存しておきたい場合には、必ずコピーをしてコピー後の画像・写真に処理をしてください。

①対象の画像をコピーし、コピー後の画像のサイズを変更します。
②該当の画像アイコン上で右クリック
編集をクリック
ペイントソフトで開かれる
下段には現在の大きさデータサイズが表示されている

ペイント以外で開かれた場合

前記②の手順で「ペイントソフト」以外で開かれた場合には、右クリック後、プログラムから開くペイントを選択してください。

サイズ変更をクリック
単位を選択する
下の縦横比を維持するのチェックは外さない

画像のサイズを小さくする場合、パーセントで縮小するか、ピクセル値で縮小するか、選ぶことができます。もし迷うのであれば、デフォルトのパーセントで処理を進めてください。なお、下の「縦横比を維持する」のチェックは外さないでください。
外してしまうと縦横比が維持されず間延びした画像になってしまいます。

<失敗例_縦横比が維持されていない>

×水平方向のみ縮小された画像
⑦水平方向や垂直方向に設定されている「100」の値を変更する

⑦の手順では、単位をパーセントにした処理の見本です。現行のサイズを100%としてその割合設定でサイズを小さくすることができます。例えば50にすると半分の大きさになります。


<参考_単位をピクセルにした場合>

ピクセル値を設定します

パーセントかピクセルでサイズを小さくしたあとは、そのまま保存をしてください。手順①でコピーしたファイルであれば上書きで構いませんが、元ファイルに処理をしたのであれば、充分に気を付けてください。

結果

今回は、パーセント単位で50%に縮小したのですが、上記の通りファイルサイズが軽くなっています。なお、画像の大きさとデータサイズは比例しませんので、データサイズはこのように大きく減少します。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる