知ってる?Windows10,11の各画面の名称をおさらいしよう

Windowsのパソコンを使っているときに不具合が発生したり、設定を変更する場合、本やインターネットで情報を調べていると「○○をクリックして~」や「△△をダブルクリックして~」といった説明に遭遇すると思います。

例えば、「タスクバー」「通知領域」「アドレスバー」といった名称のことです。

何年(何十年)もWindowsを使っているにも関わらず、各画面の名称を正しく覚えている人はごく少数で、ほとんどの場合、操作を言葉だけで説明すると中々伝わりません。

対面している人に教える場合は、「画面の下のほうをクリックして。そうそう何もないところだよ」や、実際の画面を指さしながら「ココをクリックして」といった風に教える場合がほとんどではないでしょうか。

各画面の正式な名称を覚えていなくても、大して困ることはありませんが、まだしばらくWindowsパソコンの時代は続きそうです。

この記事では、Windows10、11を題材にして、代表的な画面の名称について、説明したいと思います。

目次

デスクトップ画面

デスクトップの名称について、Windows11・10ではUI(見た目)は異なりますが、名称は基本的に一緒です。

Windows11

  1. デスクトップ
  2. アイコン/ショートカット
  3. スタートボタン
  4. タスクバー
  5. タスクトレイ(通知領域)
  6. 言語バー(IMEツールバー)
  7. 隠れているインジゲーター
  8. スタートメニュー
  9. ピン留めされたアプリ
  10. おすすめアプリ(最近使った)

Windows10

  1. デスクトップ
  2. アイコン/ショートカット
  3. スタートボタン
  4. タスクバー
  5. タスクトレイ(通知領域)
  6. 言語バー(IMEツールバー)
  7. 隠れているインジゲーター
  8. スタートメニュー
  9. アプリのタイル

ブラウザ

ブラウザについては、Windows11・10でUI (見た目) も含め名称も一緒です。ここでは、代表的な2つのブラウザを題材に説明します。なお、GoogleChromeは多くのパソコンユーザーで標準ブラウザとして使われていますが、Edgeについても、前身であるIEから大きく進化を遂げています。

個人的には、GoogleChromeと比較し評価の差もありません。ご関心があれば、Edgeも使ってみてください。

Chrome

  1. (新しい)タブ
  2. アドレスバー
  3. ブックマーク
  4. アドオンアイコン
  5. ハンバーガーメニュー(設定)
  6. Googleサービス
  7. 検索バー

Edge

  1. (新しい)タブ
  2. アドレスバー
  3. 検索結果
  4. アドオンアイコン
  5. コレクション
  6. ハンバーガーメニュー(設定)
  7. 通知
  8. ページ設定
  9. 検索バー

フォルダ表示

余談ですが、フォルダの表示について、Windows10ではツールバーの下にリボンが ありますが、Windows11ではデフォルトの設定ではリボンは表示されなくなりました。

Windows11

  1. タイトルバー
  2. ツールバー
  3. アドレスバー
  4. 検索バー

Windows10

  1. タイトルバー
  2. ツールバー
  3. リボン
  4. アドレスバー
  5. 検索バー

その他、覚えておきたいもの

エクセル

  1. クイックアクセスツールバー
  2. タイトルバー
  3. タブメニュー
  4. リボン
  5. 数式バー
  6. セルの列
  7. セルの行

ダイアログボックス

  1. アドレスバー
  2. 検索バー
  3. ナビゲーションウィンドウ(左・右)
  4. ファイル名コンボボックス
  5. ファイル種類コンボボックス
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる