パソコンの文字変換がおかしい!?設定で直せます。Win10/11

パソコンで文章を書いているときに、文字(漢字)変換すると、これまではいくつもの変換候補が表示されていたにも関わらず、2つしか表示されなくなったという症状が発生することがあります。

この症状は、Windows10・Windows11ともに発生しています。そして、ほとんどの場合、IMEのバージョンの設定を変更することで改善します。

パソコンの文字変換がおかしくなると、作業がとても非効率になり困ってしまいますね。

この記事で、画像付きで説明しますので、お困りの方はぜひお試しください。

目次

変換がおかしい場合の直しかた

WIndows10・Windows11ともに、「文字変換がおかしい」「変換候補が2つしか表示されない」という症状が発生した場合には、下記の設定変更をお試しください。

Windows10

①右下の「A」または「あ」と表示されているアイコンをクリック
※正式にはIMEアイコン
②設定をクリック
全般をクリック
④下にスクロールし
以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う
のトグルスイッチをオンにする
⑤確認ウィンドウでOKをクリック

以上で、IME以前のバージョンに戻りました。早速、文字を入力して変換候補が複数表示されるか確認してみましょう。

Windows11

①右下の「A」または「あ」と表示されているアイコンをクリック
※正式にはIMEアイコン
②設定をクリック
③全般をクリック
④下にスクロールする
⑤以前のバージョンの・・のトグルスイッチをオンにする

わかり辛いのですが、上記⑤の画像はオフの状態です

⑥確認メッセージが表示されたらOKをクリック
⑦前のバージョンを使うアンケートが表示される
※チェック後、下段にある送信ボタンをクリック

以上で、IME以前のバージョンに戻りました。早速、文字を入力して変換候補が複数表示されるか確認してみましょう。

その他の不具合

インターネット上では情報が見つかりませんが、新しいIMEバージョンには、下記のような不具合も見られました。

今回の設定でコチラも改善します。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる