パソコンで大文字しか打てない時の直し方│パソコン関連

パソコンを使っているときに急に発生するトラブルのうち、「アルファベットの大文字しか打てなくなってしまった」という症状は、過去から現在まで、上位を占めるトラブルのひとつです。

何かの設定を変更した覚えもないし、つい先ほどまでは、普通に入力ができていたにも関わらず、突然、英語の小文字が打てなくなってしまい、とても困ってしまいます。

この記事では、大文字しか打てなくなってしまった原因と直し方について、画像付きで説明します。

目次

大文字しか打てない原因

原因

この症状は十中八九、不意に「Caps LockをONにしてしまった」ことが原因で発生します。

無意識に下記の操作を行ってしまっているはずです。

キーボードのShift + Caps Lock を押下(同時押し)

この操作で、Caps LockがONになってしまいます。

実際にCaps LockがONになっているか確認してみましょう。Caps LockがONになっていると、そのボタンの小さなライト箇所が点灯状態になります。

点灯していればONになっている

直し方

もう一度、同じ操作をすることでなおります。

キーボードのShift + Caps Lock を押下
(同時押し)

前節のように確認し、Caps Lockのライトが消えていれば、Caps LockがOFFに戻りました。英語小文字も入力できるようになっているはずです。

あとがき

Caps Lockはあまり使われていない機能であるにも関わらず、縦並びのボタンを押下することで容易にONになってしまうため、無意識に発生しやすいトラブルのひとつです。

でも一度、原因と直し方を覚えてしまえば、すぐに対処できるようになりますのでご安心ください。

その他、パワーポイントなど特定のアプリケーションで同症状が発生することもありますが、それは後日、別記事で公開します。

↑公開しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる