Adobe Acrobat Pro DCの無料体験の手順を紹介

世の中で普及しているPDFというファイル形式は、Adobe社が開発したファイルフォーマットです。

PDFを閲覧する方法は、無料ソフトのAdobe Acrobat Reader DCを始め、GoogleのChromeやMicrosoftのEdge等のWebブラウザソフトでも可能です。

一方、PDFの内容を編集したり動画を埋め込んだりといった機能は、無料のPDFソフトではほとんど提供されていません。ビジネス上の用途であれば、基本的に、Adobe Acrobat Pro DCというAdobeが提供している有料ソフトが必要です。

現在、Adobe Acrobat Pro DCは、月額払いのサブスクリプション型で提供されていますが、購入前に無料体験することも可能です。

この記事では、Adobe Acrobat Pro DCの無料体験の手順を紹介します。

Adobe Acrobat Pro DCの無料体験はあくまでも「評価」をするための期間であり、商用・営利目的の利用は禁止されています。当サイトでは、無料体験の手順を説明するために一時的に本制度を利用し、その後、本ライセンス版を導入しこれ以降の情報を発信しています。

目次

Adobe Acrobat Pro DC無料体験の手順

Acrobat Pro DCでは、当記事執筆時点で7日間の無料体験が提供されています。その間、すべての有料機能が解放され本製品と同等のクオリティでお試し(評価)することが可能です。

無料体験の前に

冒頭でも注意書きをしましたが、Acrobat Pro DCの体験版は、あくまでも本製品導入の判断をするための「評価」を目的に提供されている制度です。

商用・営利目的の利用は禁止されていますので、無料体験の前に公式サイトで要件をご確認ください。

当サイトでは、当記事を発信したあと、すぐに本製品を導入しています。

Acrobat Pro DC無料体験の手順

Acrobat Reader DCを起動し、右上のAcrobat Proを試すボタンをクリック
7日間の無料体験ボタンをクリック
③Webページに遷移する
無料で始めるボタンをクリック
④このような画面に遷移する
⑤右側で無料体験後のプランを選択する
⑥プランは3通り
⑦プランを選択したら、メールアドレスを入力したあと
続行ボタンをクリック
クレジット情報の入力画面に遷移する

当サイトが試した時点では、お支払方法はクレジットのみでした。クレジット以外の選択肢はありません。

クレジット情報を入力
その後、無料体験を開始ボタンをクリック
⑩無料体験期間の開始画面
⑪Adobeアカウントを作成する必要がある
パスワードを新規で入力し、アカウントの入力を完了ボタンをクリック
パスワードの条件は入力枠の下を参照
⑬インストーラーの保存先を指定して、保存ボタンをクリック
⑭ダウンロードしたインストーラーを実行する
ログインボタンをクリック
⑯登録した電話番号宛にコードが送信される
⑰送信コードを入力するとログイン完了
⑱モバイル版アプリのQRコードが表示される
必要に応じてインストールする
Acrobat Pro DCになった

以上、Adobe Acrobat Proの無料体験開始の手順です。

あとがき

今回は、Adobe Acrobat Pro DCの無料体験の手順を紹介しました。

当サイトでは、引き続きAcrobat Pro DCの各種機能について、本製品を導入して発信します。PDFは非常に便利なファイル形式である反面、編集やページの入れ替えなどは、通常無料のソフトではできません。

一部、Webサービスや他の廉価版で対応できる場合もあるようですが、一定規模以上のビジネスでは最も安心なAdobe Pro DC一択になるかと思います。

ただし、廉価版のPDFソフトも悪い訳ではありませんので、この無料期間で評価をして、会社に合った製品を使えばよいかと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる