WindowsパソコンでApple Musicを聞く方法を紹介します

今、国内ではいくつかの音楽ストリーミングサービスが展開されていますが、iPhoneユーザーに人気のサービスは、何といってもApple Musicでしょう。

Apple Musicは、9,000万曲もの音楽を聴くことができ、自分専用のプレイリストを作成したり、お好みの曲に「ラブ」をつけてレコメンドの精度を高めることができます。

また、iPhoneに限らず、様々なデバイスで同期をとって使えることも、Apple Musicや他の音楽ストリーミングサービスの魅力でしょう。

この記事では、WindowsパソコンでApple Musicを使う方法を紹介します。

目次

Windows版のApple Musicについて

WindowsパソコンでApple Musicを使う方法は、「Web版」と「iTunes」の2通りです。

気軽に使えるのは「Web版」です。インストールなどは不要でWebブラウザからログインするだけで、すぐにApple Musicをパソコン上で聴くことができます。

パソコンで使うメリットとして、パソコン作業中にiPhoneを使わずにApple Musicを聴けるということはもちろん、プレイリストの編集のし易さも挙げられるでしょう。

スマホ操作のほうが慣れている方もいらっしゃるかと思いますが、大半の方は、やはりキーボードとマウスを使ったほうが文字入力を主体とする曲の検索、プレイリストの編集はし易いのではないでしょうか。

わたしの場合、音楽ストリーミングサービスは「Spotify」「Amazon Music」「Apple Music」の3つのサービスを併用しており、Apple Music以外のサービスのレコメンドで発見した曲を、Apple Musicでプレイリスト化(ラブ)することが多いため、パソコン上で操作することが多いです。

(Win)Web版_Apple Music

この章では、Web版のApple Musicの使い方を紹介します。後述しますが、iTunesを使った場合よりも動作が安定していますので、WindowsパソコンでApple Musicを使うのであれば、Web版がおススメです。

使用しているWebブラウザのお気に入りに登録しておくとよいでしょう。

基本的な使い方

Apple Music Web版 で検索

インターネット検索時に[ Apple Music ]だけで検索すると、Apple Musicの概要ページが検索結果の上位に表示されます。そのページからは、Web版のApple Musicに辿り着かないため、検索ワードは上記の通りにしたほうがよいです。

②検索結果から 新しい音楽を毎日・・をクリック
③右上のサインインをクリック

当記事では、すでにApple Musicに加入していることを前提に説明します。未加入であれば、中央の今すぐ始めようボタンをクリックするなどして、加入手続きを行ってください。

Apple IDを入力
パスワードを入力
その後、右側の⇒アイコンをクリック
⑥Web版のApple Musicが表示される

Web版のApple Musicの基本的な使い方は以上です(再生方法等は紹介していませんが、直感的に分かると思います)。次の節では、Web版でのプレイリストの作成方法を紹介します。

プレイリストの作成方法

①左上の検索枠に、検索する曲に関連するワードを入力
その後、[Enterキー]を押下
②検索結果から、要望にあった曲・アルバム等をクリック
③プレイリストに登録したい曲の右側の・・・をクリック
プレイリストに追加をクリック
新規プレイリストをクリック
※または、既存のプレイリスト
⑥プレイリストが作成される
プレイリスト名は自動で設定される
⑦プレイリスト名は編集可能

以上がWeb版のApple Musicでプレイリストを作成する方法です。

(Win)iTunes版_Apple Music

この章では、Windows版のiTunesを使ったApple Musicの聴き方を紹介します。

iTunesは多機能なメディアプレーヤーですが、残念ながらWindows版の動作は安定していません。非常に重かったり、頻繁にフリーズが発生したりします(わたしのパソコンのせいではありません)。

実際に、Microsoft Storeでも同様のレビューが書き込まれており、評価も低めです。

もう少し頑張ってほしい・・

基本的な使い方

iTunesのインストールがまだの方は、下記記事を参考に、iTunesのインストールから始めましょう。

①iTunesの左上のメニュー選択でミュージックを選択
Apple Musicが使える
②ライブラリやFor Youなどは、この部分で選択する

その他の機能

プレイリストの作成

Apple Musicのプレイリストは、前章「Web版」で紹介した操作とほぼ一緒で、曲の右側の・・・をクリックすることで作成できます。

イコライザー

表示タブからイコライザーを選択することで、パソコンの画面上にイコライザーを表示して、音質を調整することができます。

表示タブからイコライザーを表示をクリック
イコライザーが表示される

ミニプレイヤー

表示タブからミニプレイヤーを選択することで、パソコンの画面上にミニプレイヤーを表示することができます。

表示タブからミニプレイヤーを表示をクリック
ミニプレイヤーが表示される

iTunesは、音楽の再生の他にも様々な機能を持っていますが、当記事ではApple Musicの再生のみの紹介となります。

あとがき

今回は、WindowsパソコンでApple Musicを聞くための方法を記事にしました。

パソコンで音楽を流したり、プレイリストを編集したい方にとっては、便利な使い方と思います。

余談ですが、記事の中で紹介した通り、わたしはApple Musicの他にも「Sppotify」「Amazon Music」と、計3つの音楽ストリーミングサービスを有料会員として使っています。

そのメリットとして、各音楽サービスのレコメンド(おススメ)エンジンは異なっており、複数の音楽サービスを並行して利用することで、より多くの未知の音楽に出会うことができます。

また、Apple Music以外の音楽ストリーミングサービスで発見した音楽を、Apple Musicで「ラブ」することで、Apple Musicのレコメンド精度を高めることができます。

よく解釈するのであれば、普通に生活していたら出会えないような未知の音楽に出会うための投資ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる