マカフィーが提供するウェブアドバイザーとは?ずっと無料で使えるの?

パソコンを新規購入したときには、予め様々なアプリケーションがインストールされています。

これらのアプリケーションのことを「プリインストールアプリ」ということもありますが、今回紹介するMcAfee関連の製品も多く見られます。

その中から「マカフィーが提供するウェブアドバイザー」について、今回の記事で取り上げてみたいと思います。

マカフィーが提供するウェブアドバイザー

マカフィーが提供するウェブアドバイザーの概要や無料で使えるのか、そして不要な場合のアンインストールの方法まで説明します。

目次

マカフィーが提供するウェブアドバイザーとは

この章のテーマを説明する前に、「McAfee(マカフィー)」について簡単に説明しておきます。

McAfeeについて

世間的に、あまりよい印象を持たれていないMcAfeeですが、McAfeeは健全なセキュリティソフト・ハードウェアの会社です。

本社の所在地はアメリカ合衆国のカリフォルニア州。McAfeeのセキュリティ関連のソフトウェアは、この分野で権威ある評価組織「AV-Comparatives」でも評価対象のソフトウェアとしてラインナップされており、実際に高い評価を受けています。

おそらく世間的な印象の悪さは、元々、パソコンにインストールされていることが多く、またフリーソフトをインストールした際にも一緒にインストールされることが多いため、「いつインストールされたか分からない」という状況から派生しているのかと思います。

本当に怪しいソフトウェアであれば、パソコンメーカーもプリインストールはしないでしょうし、Microsoft公式のアプリストアで提供されることもないでしょう。

MicrosoftストアにあるMcAfee製品

マカフィーが提供するウェブアドバイザーとは

今回の記事のテーマである「マカフィーが提供するウェブアドバイザー」とは、インターネット検索結果が表示されている画面で、クリック前にそのサイトの安全性を判定する機能を持っており、判定結果が色やメッセージで判別できるようになっています。

  • 緑色・・安全なサイト
  • 黄色・・何らかの危険性がある
  • 赤色・・危険であることを確認
  • 灰色・・未調査の状態

McAfeeの公式サイトによると、そのリンク先のサイトのマルウェア、ウィルス、フィッシング詐欺の危険性を判定しているそうです。

インターネットの検索結果
安全と判定された場合のメッセージ

試しに、一般的に危険性の高いキーワードで検索したところ、下記のような判定結果も見られましたので、有効性はありそうです。

公序良俗に反するキーワードで検索した結果

無料で使えるのか

マカフィーが提供するウェブアドバイザーは、無料体験版は提供されているものの、完全無料の製品ではありません。プリインストール版であれば、体験版がインストールされていると思います。

具体的な金額は公式サイトでも確認ができなかったのですが、おそらく体験版の期限が迫ってきた際に表示されるものと思われます。

アンインストールするなら

当記事で紹介したように、「マカフィーが提供するウェブアドバイザー」自体は危険性のあるアプリケーションではありませんが、すでに他のセキュリティ対策を行っている場合や不要と感じる場合には、Windowsの「アプリ一覧」からアンインストールすることができます。

アプリ一覧からアンインストールする

アンインストール手順は、Windowsの他のアプリケーションと一緒ですが、具体的な手順が分からない方は下記記事を参考にしてみてください。

なお、McAfeeをアンインストールしたあとのセキュリティが不安な方は、下記の記事をご参照ください。Windows10以降のWindowsOSの標準セキュリティについて説明しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる