Windows10の「フォト」を使って無料で動画を編集する方法

近年、動画を用いたプロモーションは右肩上がりで成長を続けています。また、近い将来、5Gの本格的な導入により、より発展するPR手法であることは間違いありません。

企業の広告や個人のYouTube、また公開はしなくても、お子さまの成長記録や結婚式などの用途として動画編集のニーズは高まっています。

今回は、Windowsの標準ソフトである「フォト」を活用して簡易的に動画を編集する方法を、画像付きで説明します。

目次

フォトの編集力

Windows10の標準ソフトであるフォト。写真や動画の閲覧だけではなく、編集も行える便利なソフトではありますが、動画の編集力に関しては、あくまで簡易的な編集しかできません。

テロップ(動画中に流れる文字)の挿入は可能ですが、サイズフォント色の指定ができない他、同時に2つ以上のテロップを挿入することもできません

一方で無料で使える点は大きなメリットであり、同時でなければ複数のテロップを流したり、BGMや一部のエフェクトを挿入することも可能です。

早速、使い方を見ていきましょう。

フォトの仕様

基本的な考え方

Windowsフォト動画編集は、一般的な動画編集ソフトと比較すると少し個性的です。

文章では説明し辛いのですが、動画1クリップに対して1つのテロップしか挿入できません。では、全体の動画で複数のテロップを挿入するためには、どうすればよいのか。答えは、動画を複数のクリップに分割する必要があるのです。

<イメージ図>

全体で10秒の動画で、最初の2秒間にひとつめのテロップを流し、次に4秒間、ふたつめのテロップを流したあと、最後に光のエフェクトを挿入したい場合

↓動画を3つのクリップに分割します

1つ目のクリップ
2秒間のテロップを流す
2つ目のクリップ
4秒間のテロップを流す
3つ目のクリップ
光のエフェクトを挿入

編集前後の見本

編集後にはBGMも挿入しています

編集前の動画
編集後の動画

フォトで動画を編集する方法

編集開始

①編集対象のファイル上で右クリック
プログラムから開く⇒フォトをクリック
編集と作成をクリック
テキスト入りビデオの作成をクリック
編集後のビデオファイルの名前を入力しOKをクリック
※後で変更可能
⑤この画面に遷移する

プロジェクトライブラリから別の動画写真を挿入したり、ストーリーボードからタイトルカードを挿入することもできますが、ここでは行いません。

分割

前章見本のように、1つの動画ファイルを3つ(2秒・4秒・4秒)に分割し、テロップと光のエフェクトを挿入していきます。

分割をクリック
このスライダーを動かして分割位置を設定する
2秒の位置までスライドさせ完了をクリック
⑨10秒の動画が2秒と8秒のクリップに分割された

分割して再生した場合でも、クリップ間の継ぎ目は自然な感じになりますのでご安心ください。続いて、後半8秒の動画を4秒・4秒に分割していきます。

⑩8秒のクリップにカーソルを合わせ分割をクリック
4秒の位置までスライドさせ完了をクリック
⑫2秒・4秒・4秒のクリップに3分割された

テロップの挿入

⑬1つめのクリップにカーソルを合わせテキストをクリック
⑭テキストの枠に挿入するテキストを入力
⑮テキストのスタイルやレイアウト、表示される長さは設定可能
選択後、右下の完了をクリック

同じ要領で2つめのクリップにもテロップを挿入してください

(参考~ギャラリー)

エフェクトの挿入

⑯3つめのクリップにカーソルを合わせ3D効果をクリック
⑰数秒間、この画面が表示される
効果をクリック
希望する効果をクリック
⑳エフェクトの動作や効果音量、表示される長さは設定可能
選択後、右下の完了をクリック

ポイントへのアタッチについて。設定をONにすると、光が流れていく場所を設定することが可能です。より動きのあるエフェクトになりますが、過剰演出にならないようにしましょう。また、プレビュー画面上ではエフェクトの回転も可能です。

以上で、1つめのクリップに2秒間のテロップ、2つめのクリップに4秒間のクリップ、3つめのクリップに光のエフェクトの挿入が完了しました。プレビュー左下の▷をクリックすることで、現段階の編集動画を再生できます。
最後に、BGMを設定してみます。

BGMの設定

BGMについては、クリップ単位ではなく動画全体が対象です。よって、途中で異なるBGMに切り替えることはできません。なお、次のカスタムオーディオであれば複数の音楽が挿入可能です。

BGMをクリック
㉒希望する音楽をクリックし、音量を設定。
選択後、右下の完了をクリック

「ビデオを音楽のビートに同期する」は、写真のスライダーを作成するときのみ有効です。動画の場合には機能しません。なお、BGMについてはフェードイン・アウトの設定はできません

著作権について
ここで選択できるBGM著作権については、確かな情報が見つかりませんでした。YouTubeにアップした場合、著作権のエラーメッセージが表示される等の情報もありましたので、慎重に考えたほうがよさそうです。次に紹介するカスタムオーディオで著作権フリーのBGMを使用したほうが確実でしょう。

補足:カスタムオーディオ

BGMの代わりにカスタムオーディオを選択することで、限られた音楽のみではなく、パソコン内のお好きな音楽を取り込むことができます。また、カスタムオーディオから挿入した音楽はフェードイン・アウトの設定も可能になります。ただし、著作権には十分に気を付けてください。
プライベートで使う動画の編集であれば、お好きな音楽を使えるカスタムオーディオのほうが圧倒的によいでしょう。

カスタムオーディオをクリック
オーディオファイルの追加をクリックし
パソコン内の音楽ファイルを取り込む
(複数可)
㉕取り込み後、スピーカーのアイコンをクリック
㉖フェードイン・アウトの設定と
音量を調整できる
㉗音楽を流す長さを選択し、右下の完了をクリック

カスタムオーディオの場合には、1つの動画内に複数の音楽を挿入することができます

完成~エクスポート

ビデオの完了をクリック
㉙ビデオの画質を選択し、エクスポートをクリック

以上で完了です。編集後の動画ファイルが作成されます。

あとがき

今回は、Windowsの標準ソフト「フォト」を使った動画編集の方法を説明しました。

無料で使える分にはよいのですが、やはり機能的な不足感は否めないため、より高品質な動画編集を望むのでしたら、色々とソフトを探してみることをおススメします。

わたしの場合は、普段、Chromebookを使って有料のAndroidアプリで編集しています。最近のスマホ用の動画編集アプリは、そこそこ高性能で使うことができますので、ぜひアプリストアでも探してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる