パソコンでグーグル検索履歴を削除する。全履歴を一括削除できます

会社のパソコンでグーグルのChromeブラウザを使っているユーザーは多いと思います。

そして、グーグルのサービスはスマホなどで使っているChromeと同期させることによって、インターネットやGmail、Mapなどのサービスをより便利に使うことができます。

一方、Chromeを含むブラウザソフトは、ユーザーの検索履歴などを保存しておく特性があります。

会社のパソコンであっても、時折、業務とは関係のない情報を検索してしまうこともあるでしょう。その場合、検索履歴が残ってしまうと少し都合が悪いこともあります。

検索履歴が候補として表示されてしまうことも!

この記事では、パソコンのグーグルChromeの検索履歴を個別で、または特定の期間を指定して全削除する方法を紹介します。

目次

グーグル検索履歴の削除方法

この章では、パソコン(Windows)版グーグルChromeの検索履歴を削除する方法を紹介します。なお、検索履歴は個別に削除することも、一斉に全削除することもできます。

パソコンとスマホそれぞれで、同一アカウントでChromeにログインしていて、さらに「同期」をしていれば、検索履歴は両方の機器で表示されます。同様に、削除についても、両方の機器から削除されます。

個別に削除する

①Chromeの右上の「点が縦に3つ並んだ記号(:)」をクリック
②プルダウンメニューから履歴をクリック
③サブプルダウンメニューから履歴をクリック
④そのグーグルアカウントの検索履歴が表示される
⑤削除したい検索履歴を個別に選択し、右上の削除をクリックすることで、削除できる
参考:他のデバイスからのタブをクリックすると・・
どの端末から検索された履歴なのかが確認できる

以上で、パソコンのChromeで検索履歴を個別に削除できます。同一のグーグルアカウントでログインし、同期しているスマホ等があれば、そのスマホの検索履歴からも削除されます。

全削除する

前節④の画面からの続きです。

閲覧履歴データの削除をクリック
②このダイアログで「削除する期間」「削除対象のデータ」を指定することができる
削除する期間を5つの選択肢の中から選択する
④検索履歴から削除する期間を選んだあとに、右下のデータを削除をクリック

削除対象のデータについては、「閲覧履歴」にチェックがされていればOKです。Cookieやキャッシュ系については、特に必要性がなければデフォルト値のままでよいでしょう

インターネットの履歴について

改めて、インターネットの閲覧履歴を確認すると、「個人情報」について、何か怖い印象を持つかもしれません。

でも、インターネットやデジタルの世界では、個人ごとのパーソナルな情報があってこそ、利便性の高いサービスが成り立っているのです。

例えば、Amazonの買い物履歴からAmazonサイト内で「関連するおススメ商品」を紹介されたり、同様に音楽ストリーミングサービスやNetFlixなどの動画ストリーミングサービスでも個人の嗜好に合わせた作品をおススメされます。

もちろん、グーグルアカウントについてもパスワードを漏洩しないような対策は必要ですが、必要以上に心配する必要はありありません。通常の利用方法で利用している限りは、閲覧履歴から悪質な被害に合うことは、まずありません。

メディア等の過度な煽りもよくないのですが、現代はインターネット・デジタル社会

必要なセキュリティ対策を講じたうえで、高い利便性を享受するほうが合理的です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる