パソコンのCPUでRyzenとは?会社用はIntelじゃなくて大丈夫?

パソコンのスペックを確認するうえで、CPUは重要な意味合いを持っています。

CPUは、パソコンの「頭脳」に該当する役割を担っており、その性能が高いほど、パソコンの処理も高速化します。少し前までは、WindowsパソコンのCPUはIntelの一強でしたが、2020年頃より、AMDのRyzenというCPUも頻繁に見かけるようになりました。

今回の記事では、WindowsのCPUのシェアで勢いのあるRyzenについて紹介したいと思います。

目次

AMDのCPU「Ryzen」

この章では、Ryzenについての基本的な情報を紹介します。

AMDとはどんな会社?

Ryzenを製造・販売している会社は、AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ )という会社です。

よく勘違いされている方もいるのですが、AMDは中国ではなく、アメリカに本社を置く半導体製造会社です。1969年に設立され、コンピューター関連のデバイス・プロセッサーの開発を続けています。

過去は、Intelの2次的製造を請け負っている(セカンドソースメーカー)時代もありましたが、独自開発したプロセッサによって技術力が認められ、今ではIntelをも凌ぐ勢いでシェアを拡大し続けています。

Ryzenとは?

Ryzenは、主にWindowsパソコンに搭載されているCPUで、IntelのCPUと比較し、用途が異なったり、性能が劣後している訳でもありません。

まれに「ゲーム向けのCPU」と勘違いされている方もいますが、Intelと同様、Windows向け、つまりビジネス用途のパソコンから、一般家庭向けのパソコン向けに提供されているCPUなのです。

Ryzenの性能は?

Ryzenの性能は、Intelに劣らない旨は前節で紹介しましたが、実際に、Microsoftが販売しているWindowsパソコン「Surface」ブランドでも、RyzenのCPUが搭載されているモデルがあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる