モバイルバッテリーでパソコンが充電できない場合に確認すること

ノートパソコンを外に持ち出すとき、充電ができる環境があれば安心ですが、環境が不確かなときには、パソコンの充電に対応したモバイルバッテリーがあると安心です。

スマホ用にモバイルバッテリーを持っている方は多いかと思いますが、すべてのモバイルバッテリーでパソコンの充電ができる訳ではないことをご存じですか?

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーでパソコンを充電するためには、モバイルバッテリー側とパソコン側が、それぞれ条件を満たしていなくてはいけません。

この記事では、モバイルバッテリーでパソコンが充電できない場合に確認することを紹介します。

目次

モバイルバッテリーでPCを充電する条件

モバイルバッテリーとパソコン側。それぞれの条件を説明します。

モバイルバッテリー側の条件

パソコンを充電するためには、「PD出力対応」かつ「高出力」のモバイルバッテリーが必要です。

PD出力対応

PD出力とは、PowerDeliveryという電力供給の規格のことです。よくスマホを充電するためのUSB充電器にも表記されていますので、ご覧になったことがある方も多いでしょう。

パソコンを充電するためのモバイルバッテリーは、PD出力に対応していることが1つ目の条件です。

高出力であること

パソコンは、画面の大きさや機能から考えても、スマホよりも電力を使うことは容易に想像できるでしょう。これは電源供給の点でも一緒です。パソコンを充電するためには、高出力のモバイルバッテリーが必要です。これが2つ目の条件です。

そのため、スマホ用に購入した大半のモバイルバッテリーではパソコンの充電は難しいかと思います。

おそらく、スマホ充電用のモバイルバッテリーは、持ち運びやすいものを選んでいるかと思いますが、パソコンを充電するためには、20,000mAh前後の大容量タイプが主流です。

上から「10,000mAh」「5,000mAh」「20,000mAh」
※一番下は、パソコンの充電が可能

そして、肝心の出力は45w~60w以上が求められます。

中には30wで充電が可能なパソコンもありますが、最低でも45wが望ましいと思います。低出力の場合には、パソコンを使いながらの充電が難しい場合が多いです。

参考:20,000mAhモバイルバッテリーのサイズ感

普段、わたしは外で仕事をすることがほとんどのため、パソコン用のモバイルバッテリーも持ち歩いています。充電ができる環境であれば、USB充電器を使いますが、どこでも仕事をするためには、モバイルバッテリーは必携です。

カフェなような場所で電源がある席が取られていても、仕事ができるからです。

参考までに、わたしが使っている製品を写真で紹介します。

最初の写真の真ん中がパソコンも充電可能なモバイルバッテリーです(20,000mAh_PD60W)。

左がiPhone 12 Pro Max
真ん中が20,000mAh
右が10,000mAh
厚みもスマホの2倍以上
13.3インチパソコンと並べて
このクラスは、やはり大きいです

持ち運びスタイル

ご覧のように、パソコンを充電するためのモバイルバッテリーは大型のため、わたしはパソコン用バッグとは別に、手提げのポーチを使っています。USB用充電器と併せて、ちょうど収納できるくらいの小さなポーチです。

USB充電器(パソコン充電可)
モバイルバッテリーと
USB充電器がちょうどよく収納できます
ポーチ自体は小さめです
※外見からはモバイルバッテリーよりも小さく見えます。

参考までに、この記事で紹介した製品を紹介しておきます。

赤いポーチは充電器とモバイルバッテリーがちょうどよいサイズで収納できますが、USBケーブルは収納できませんので、パソコン用バッグに収納しています。

このバッグと赤い手提げポーチを愛用

パソコン側の条件

パソコン側の条件は1つのみ「PD充電に対応していること」です。

最近のノートパソコンはほとんどの機種が、USB TypeCのPD充電に対応しています。ご自身のパソコンが対応しているか、確認してみましょう。

なお、前節で説明の通り、パソコンのPD充電に必要な出力は、一般的に「45w以上」か「60(61)W以上」が多いです。

その他の条件

今回の記事の趣旨とは少し違うとも思うのですが、補足しておきます。

上記の説明は、モバイルバッテリーもパソコンも故障していないことが前提です。なお、充電するためのUSBケーブルもPD充電に対応している必要があります。

あとがき

今回は、「ノートパソコンをモバイルバッテリーで充電できない」について記事にしました。

実はこの内容は、インターネットでよく調べられているテーマでもあります。ノートパソコンを外に持ち出して仕事をする機会は、年々、増えているのでしょうね。

ご自身のご希望にあったモバイルバッテリーが見つかれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる