WordにExcel表を貼り付ける(埋め込む)。実用的な5つの方法

Wordは大変優れた文書作成ソフトですが、「表」に関してはExcelと比べ、作成するのに手間がかかります。

そのため、文書メインのファイルであっても、ついExcelを使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。

Excelで作成した見積書

当サイトでは、以前「Wordで表を作る方法」の記事を投稿しましたが、やはり複雑な表を作成する場合の作りやすさは、Excelが圧倒的に優れています。

でも、WordもExcelも同じMicrosoftのOffice製品のため、一定の互換性があり、実はExcelで作成した表は簡単にWordに貼り付けたり、埋め込むことができます。

この記事では、WordにExcelの表を貼り付ける・埋め込む方法について、実用的な5つの方法を紹介します。

目次

はじめに:5つの方法について

この記事では、WordにExcelの表を貼り付ける・埋め込む5つの方法を紹介します。長文を書くのは好きではありませんが、それぞれに長所があるため、目的によって使い分けることで、より便利に活用できると思います。

まず、この章では、5つの方法の特徴を紹介します。具体的な貼り付け・埋め込み方法は次章以降で説明します。

01_Excelオブジェクトとして貼り付ける

この機能はとても優れており、Word内にExcelオブジェクトとして表を貼り付けることができます。

具体的に説明すると、Wordに貼り付けた表をダブルクリックすると、Excelの表としてアクティブになり、Excelの編集方法がそのまま使えます。

①Excelオブジェクトとして貼り付けた表
②一見、普通の表だがダブルクリックするとWord内でExcelが起動する
ツールバーもExcelの表示になる
③セルで右クリックするとExcelでお馴染みのセルの書式設定も使える
③セルの表示形式で桁区切りも設定できてしまう
(Excelと同じ操作感)

Excelオブジェクトとして貼り付けした場合、元のExcel表とリンクはしません。つまり、元のExcel表を更新してもWordに貼り付けた表には反映されません。

02_Excel表を部分的なリンクとして貼り付ける

Word内に、Excelの表を部分的なリンクとして貼り付けることができます。

元のExcel表を更新すると、Wordに貼り付けた表にも反映します。また、Word内の表をダブルクリックすることで、元のExcel表にジャンプします。

①Excelファイルの部分リンクとして貼り付けた表
②一見、普通の表だがダブルクリックするとリンク先のExcelが起動する
リンク先のExcel表を更新するとWordの表にも反映する

03_Excel表をWord書式に変換して貼り付ける

ただ、Excelの表をコピーしてWordに貼り付けるだけです。

表示自体もWordの書式に合わせられるため、分かりやすくいうとWordで罫線を引いたりセルの幅を調整したりといった手間を省いて、Excelで作成した表をWordに貼り付けるだけというのが利点です(貼り付け後は編集も可能)。

・Excelの表を貼り付けるだけ

04_Excel表を画像として貼り付ける

Excelの表をコピーして、画像としてWordに貼り付けます。

画像では幅などが固定されますので、メンテナンスはし易く、表のように複雑な操作も必要ありません。ただし、画像のため編集は不可です。

・画像として貼り付ける

05_Excelファイルのアイコンを埋め込む

Excelファイルのアイコンが表示されて、そのExcelファイルとリンクされます。

表は表示されません。参考資料として埋め込むのがよいでしょう。

①Excelファイルのアイコンを埋め込んだ
②ダブルクリックするとリンク先のExcelが起動する

Excelオブジェクトとして貼り付ける

手順

①コピー元のExcelで表を範囲コピー
ホームタブ内の[貼り付け]下のv記号をクリック
その後、形式を選択して貼り付けをクリック
貼り付けのラジオボタン
Microsoft Excelワークシートオブジェクトを選択
アイコンで表示はチェックをしない
④Excelの表がオブジェクトとして貼りつく
⑤表をダブルクリックするとExcelが起動する
ツールバーもExcel版
⑥Excelでお馴染みのセルの書式設定も使える

Excel表を部分的なリンクとして貼り付ける

手順

①コピー元のExcelで表を範囲コピー
ホームタブ内の[貼り付け]下のv記号をクリック
その後、形式を選択して貼り付けをクリック
リンク貼り付けのラジオボタン
Microsoft Excelワークシートオブジェクトを選択
アイコンで表示はチェックをしない
④Excelの表が部分的なリンクとして貼りつく
⑤表をダブルクリックするとリンク先のExcelが起動する
リンク先Excelを更新すると、Wordの表にも反映される
表の更新について

本文で説明の通り、リンクとして貼り付けた表は、コピー元のExcel表を更新するとWordの表にも反映されます。ただし、即時、反映する訳ではなく次にWordを開いたときが反映のタイミングです。

ただ、Wordを閉じなくても、表を右クリックしてリンク先の更新をクリックすると、すぐに更新内容が反映されます。

リンク先の更新をクリックすれば、Wordを開きなおす必要はない

Excel表をWord書式に変換して貼り付ける

手順

①コピー元のExcelで表を範囲コピー
ホームタブ内の[貼り付け]下のv記号をクリック
貼り付けのオプションからリンク(貼り付け先のスタイルを使用)をクリック
②の拡大図
③Excelの表がWordの書式で貼りつく

最初の章でも説明済みですが、この方法で貼り付けた表は、一切、コピー元のExcel表とはリンクしていません。つまり、Wordで表と罫線で仕上げた場合と同等の表となります。

Excel表を画像として貼り付ける

手順

①コピー元のExcelで表を範囲コピー
②ホームタブ内の[貼り付け]下のv記号をクリック
その後、形式を選択して貼り付けをクリック
③貼り付けのラジオボタン
図(拡張メタファイル)を選択
アイコンで表示はチェックをしない
④Excelの表が画像として貼りつく

Excelファイルのアイコンを埋め込む

手順

①コピー元のExcelで表を範囲コピー
ホームタブ内の[貼り付け]下のv記号をクリック
その後、形式を選択して貼り付けをクリック
リンク貼り付けのラジオボタン
Microsoft Excelワークシートオブジェクトを選択
アイコンで表示にチェックをする
④Excelのアイコンがリンクとして貼りつく
⑤アイコンをダブルクリックすると
リンク先のExcel表が起動する

あとがき

以上、画像も多く縦長の記事となりましたが、WordにExcleの表を貼り付ける5つの方法について紹介しました。

Wordで表を使うのであれば、とても便利かつ効率的な機能となりますので、ぜひご活用ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる