【図解】PDFを結合する方法。無料で複数のPDFを一つにまとめる

複数のPDFファイルを一つのPDFにまとめたい場合や、新たにWord等で作成したPDFを追加したい場合には、PDFの結合という処理が必要になります。

ご存じの通り、多くの方が使っているPDF関連のソフトは「Adobe Rreader DC」であり、PDFを編集することはできません。PDFの結合についても同様です。

でも、PDF結合の必要性が頻繁に発生しない限りは、Adobe Reader DCの上位版である「Acrobat Pro DC」の購入も躊躇してしまうことでしょう。

当サイトでは今回、PDFの結合が無料で行えるサービスを調べてみました。

当記事で紹介するとともに、Adobeが提供している月額ライセンス制の有料ソフト「Acrobat Pro DC」を使って、PDFを結合した場合の使用感も画像を交えて紹介します。

目次

無料:PDFを結合するオンラインサービス

当サイトで調べた限り、無料でPDFの結合が可能なソフトウェアはありませんでした。

PDFファイル形式の本家本元のAdobeが提供しているオンラインサービスを使えば、無料でPDFを結合することができます。

当記事で使用するサンプルのPDF

PDFの結合を実践するにあたって、次の3つのサンプル用PDFを使用します。

①本文
②表紙
③申請書

元々、説明文だけのPDF(①本文)があり、それに表紙と申請書のPDFを前後に結合して、1つのPDFだけで配布が完結するように編集するというのが、当記事で実践する仮の案件です。

PDFを結合するオンラインサービスについて

インターネットで検索すると、PDFを結合することが可能なオンラインサービスは、いくつも存在しています。

ただし、オンラインというサービスの形態上、より安全性・信頼性が問われますので、当記事では、Adobeが提供するオンラインサービスのみ紹介します。

PDFのオンラインサービスとは・・

当サイトでは、他のPDF関連の編集用途においても、PDFのオンラインサービスを紹介していますが、概要だけ説明しておきます。

ここでいうオンラインサービスとは、インターネットでアクセスすることで利用できるサービスのことを指しており、何らかのソフトウェアをインストールする必要がありません

ただし、PDFを編集(結合)するためには、一旦、該当のPDFをオンラインサービス上にアップロードする必要があります。アップロード後、Web上のオンラインサービス上でPDFを結合して、完成したPDFをダウンロードするような仕組みです。

もし、会社のセキュリティ・情報管理上、Webサービスへのアップロードが不可であれば、当サイトが調べた限り、代替の無料手段はありません。

後半に、Acrobat Pro DCを使ったPDFの結合方法を紹介していますので、必要に応じてご参照ください。

実践:Adobe公式のオンラインツールを使ったPDFの結合

サイト:PDFの結合(Adobe公式)

Adobe公式のオンラインツールは無料で使うことができますが、Adobeアカウントが必要です。Adobeアカウントは、下記の手順の途中で新規作成することも可能です。

①Adobe公式のオンラインツールにアクセス
②中央の ファイルを選択 をクリック
結合したいPDFをすべて選択し、開くボタンをクリック
※選択したPDFがオンライン上にアップロードされる
④アップロードされたPDFのファイル名が表示される
⑤一旦、アップロードしたあとでも、PDFの追加や削除は可能
⑥結合時の並び順はこの時点で確定しておく必要がある
左側の赤枠のアイコンをドラッグすることで、PDFの順番を並べ替える
⑦結合するPDFの並び順を確定したら、右上の結合ボタンをクリック
⑧PDFの結合処理が実行される(数秒)
⑨PDFの結合が完了すると、このような画面に遷移する
⑩右側のプレビュー画面で結合後の状態を確認できる
⑪内容がよければ、ダウンロードボタンをクリック

Adobeアカウントでログインしていない場合、この工程でAdobeアカウントのログイン、または新規作成が案内されます。

⑫保存先を指定し、保存ボタンをクリック
結合後のPDFがダウンロードされた
⑭3つのPDFが結合されている

以上が、Adobeの公式オンラインツールを使ったPDFの結合です。

Acrobat Pro DCを使ったPDFの結合

前章では、Adobeの無料で使えるオンラインツールを使ったPDFの結合を紹介しましたが、この章では、月額ライセンス制の有料ソフト「Acrobat Pro DC」を使った場合の様子を紹介します。

PDFの結合

①上部のツールタブ内、ファイルを結合をクリック
ファイルを追加をクリック
結合したいPDFをすべて選択し、開くボタンをクリック
④選択したPDFがプレビュー表示される
⑤PDFをドラッグして任意の順番に並べ替える
※この画面の並び順で結合される
⑥並び順が正しいか確認する
参考~その他の機能について
表紙を作成ボタンをクリックすると・・
Adobe Expressに連携し、PDFの表紙が作成できる
オプションをクリックすると・・
上記の項目を設定できる
⑦この状態でよければ、右上の結合ボタンをクリック
⑧数秒で結合が完了する
⑨PDFが結合された状態
⑩Acrobat Pro DCのため、そのままの画面から
ページの並べ替えなど様々な編集が可能
⑪最後に保存アイコンをクリックして
結合後のPDFを保存する

以上が、Acrbat Pro DCを使ったPDFの結合です。

あとがき

今回の記事では、PDF関連で非常にニーズの多いテーマ「PDFの結合方法」について記事にしました。

Adobeのオンラインツールを使った場合でも、Acrobat Pro DCを使った場合でも、結合後のPDFの基本的な品質に変わりはありません。(Acrobat Pro DCは高品質化で保存することは可能)

PDFを結合する頻度やオンライン上にPDFをアップロードすることの可否で、どちらを利用するか検討すればよいでしょう。

中には、Acrobat Pro DCのライセンス費用よりも安価でPDF結合が可能なソフトウェアもありますので、必要に応じて調べてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる