AdobeReaderのインストール方法。無料のPDF閲覧ソフト。

現在、PDFを閲覧するための方法はいくつもあり、たとえばブラウザソフトのChromeやEdgeでも閲覧が可能となっています。

一方、PDFはブラウザのタブではなく、単体のアプリケーションで開きたいという方もいらっしゃるでしょう。PDFといえば、そのフォーマットの開発元でもあるAdobeが有名で、実際に同社のソフトウェアは全世界で大きなシェアを誇っています。

今回の記事では、Adobeが無料で提供しているPDF閲覧ソフト「Adobe Acrobat Reader DC」をインストールする方法を画像付きで紹介します。

目次

Adobe Acrobat Reader DCとは

冒頭に書いたように、AdobeはPDF形式の開発元の会社です。

PDF形式はその利便性の高さから、今ではWindowsでも標準機能で出力(Word→PDF、Excel→PDF)可能となっていますが、Adobe Acrobatというソフトウェアと使えば、PDF形式のまま内容を編集したり、ページの入れ替えや動画の挿入も可能になります(有料)。

Adobeが提供しているPDF関連のソフトウェアはいくつかありますが、中でもPDFを閲覧することに特化した無料のソフトウェアが当記事で紹介する「Adobe Acrobat Reader DC」です。

当サイトでは、有料版「Adobe Acrobat Pro」で使える様々な便利機能についても、実際に本製品を導入して情報を発信していきますので、ご関心があればご覧ください。

Adobe Acrobat Reader DCのインストール手順

早速、無料のPDF閲覧ソフト「Adobe Acrobat Reader DC」のインストール手順について、実際の画像を使って説明します。

Adobe Acrobat Reader DCのインストールは、ブラウザソフトを使った方法が一般的ですが、この方法の場合、McAfee等の他のソフトウェアが一緒にインストールされることがあります。

回避は可能ですが、Windowsの公式アプリストアである「Microsoftストア」からのインストールであれば、より確実です。また、ブラウザソフトのように「インストーラーをダウンロードして、ダブルクリックして実行する」といった手間もありませんので、おススメです。

当記事では、それぞれの手順を紹介しますので、ご希望の方法でインストールしてください。

Microsoftストアからインストールする手順

①Windowsの検索で Microsoft Store を検索
その後、Microsoft Storeをクリック
②Microsoftストアの検索枠で Adobe Reaader を検索
その後、Adobe Acrobat Reader DCをクリック
②の拡大図
Adobe Acrobat reader DC

スマホのアプリストアでも同様ですが、Microsoftストアでも類似のアプリがいくつかヒットします。アイコンも似通っていますが、間違えのないよう「Adobe Acrobat Reader DC」をクリックしてください。なお、Microsoftの公式ストアのため、万が一、他のアプリをインストールしてしまっても悪影響はないはずです。

③Adobe Acrobat Reader DCが表示されたら、インストールボタンをクリック
④ダウンロードが開始される
はいをクリック
⑥インストールが完了する

以上、MicrosoftストアからAdobe Acrobat Reader DCをインストールする手順です。ダウンロードとインストールが一緒に行われるため、ラクに感じたのではないでしょうか。

Webブラウザからインストールする手順

①Webブラウザの検索枠に adobe reader ダウンロード と入力し検索実行

ご存じかと思いますが、上記の検索ワードは完全一致でなくても大丈夫です。ただし、有料のバージョンもありますので、「Reader」「DC」など、無料ソフトを特定できる文言は加えておいたほうがよいでしょう。

Adobe公式かつ「Reader」が含まれた検索結果をクリック
※イメージ上のタイトル名は変更になる場合があります
Acrobat Readerをダウンロードのボタンをクリック
④Adobe Readerのダウンロード画面
※↓の注意書きを参照
McAfee

「インストールした覚えがないけどいつの間に・・」と言われることの多いMcAfeeは、Adobe Acrobat Reader DCのインストール画面で、一緒にインストールされることが多いです。

当記事執筆時点ではデフォルトはチェックが外されていますが、以前はチェックが入っていましたので、気付かずにインストールされることが多かったのです。

McAfee自体は、ウィルス等、悪質なプログラムではありませんが、不要であればチェックが外されていることを確認して進めましょう。

なお、その左側の「Acrobat追加機能」はChromeブラウザでPDFを閲覧するための拡張機能です。どちらでも構いませんが、個人的にはデフォルトのままインストールすることをおススメします。

McAfeeのインストール要否項目
Acrobat Readerをダウンロードのボタンをクリック
⑥ダウンロード先を指定し、保存ボタンをクリック
⑦ダウンロードが完了したら、左下の赤枠個所をクリックして
インストーラーを実行する

Webブラウザ毎に異なります。上記⑦のイメージ図のように表示されない場合には、⑥の工程でダウンロードしたフォルダを開き、インストーラーを実行してください。

はいをクリック
その後、インストールが実行される

以上、WebブラウザからAdobe Acrobat Reader DCをインストールする手順です。

あとがき

今回は、Adobe Acrobat Reader DCのインストール手順について記事にしました。

同ソフトは、パソコンにインストールする必須のような位置づけのため、無事インストールができたのであれば幸いです。

本文でも触れましたが、有料版のAdobe Acrobatでは本当に様々かつ優秀な機能を使うことができます。引き続き、当サイトで発信していきますので、よろしくお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる