Webブラウザ用のアドオンを追加する方法│PAD講座

この記事では、Microsoft無料で提供しているRPA『Power Automate Desktop』で、EgdeChromeなどのWebブラウザを操作するためのアドオンを追加する方法を説明します。

Power Automate Desktopで、ブラウザを起動したり文字列を入力、テキスト等を取得するためには、各ブラウザにアドオンを追加することが必須です。

画像付きで解説しますので学習中の方やお困りの方は、ぜひご一読ください。

目次

アドオンをインストールしていない場合

各ブラウザにアドオンインストールせずに、アドオンが必要なアクションを実行した場合、下記のようなエラーメッセージが表示されます

Egdeのエラー

<アクションを実行しようとした場合>

アドオンが必要なアクションを実行しようとした場合、「Microsoft Edgeを制御することができませんでした(ブラウザーとの通信が失敗しました。アドオンインストールされていることを確認してください)。」のエラーが発生します。

<Webレコーダーを実行しようとした場合>

Webレコーダーを実行しようとした場合、「Power Automate Desktop拡張機能が必要です。」のメッセージが表示されます。

Chromeのエラー

<アクションを実行しようとした場合>

アドオンが必要なアクションを実行しようとした場合、「Chromeを制御することができませんでした(ブラウザーとの通信が失敗しました。アドオンインストールされていることを確認してください)。」のエラーが発生します。

<Webレコーダーを実行しようとした場合>

Webレコーダーを実行しようとした場合、「Power Automate Desktop拡張機能が必要です。」のメッセージが表示されます。

アドオンのインストール方法

Edgeの場合

ツールバーからインストールする

①ツールバーのツールをクリック
ブラウザー拡張機能をクリック
Microsoft Edgeをクリック
インストールをクリック
拡張機能の追加をクリック
⑥このメッセージが表示されることを確認
⑦Edgeの右上にアドオンのアイコンが表示される

その時点でEgdeにインストールされているアドオン数や設定によっては、アイコンが表示されない場合もあります。

Webレコーダー機能からインストールする

Webレコーダーのアイコンをクリック
Microsoft Edgeを選択し次へをクリック
Get Extensionをクリック

その後は、前記「ツールバーからインストールする」の④に遷移しますので、同様にアドオンインストールを進めます。

Chromeの場合

Chromeアドオンのインストール方法も、前記Edgeの場合とほぼ同様です。各ブラウザ名称の選択画面で、Microsoft Edgeの代わりにChromeを選択して、インストールを進めてください。最終的に、下記のアドオンインストール画面が表示されます。

<アドオンインストール画面>

Chromeに追加をクリック
拡張機能を追加をクリック
③このメッセージが表示されることを確認

あとがき

この記事では、代表的なブラウザMicrosoft EgdeChromeを取り上げてアドオンインストール方法を解説しましたが、Power Automate Desktopでは他にも、Internet ExplorerFire Fox用のアドオンも準備されています。

それらのブラウザへアドオンインストールを行う場合でも、基本的にこの記事で紹介した方法で対応できますので、トライしてみましょう。

なお、Webブラウザのアドオンインストールすることで、Power Automate Desktopの活躍の範囲が大きく広がります。Webブラウザの操作には、UI要素の概念が欠かせませんので、しっかりと押さえておきましょう。

UI要素については、後日、別記事で説明します。

本格的にUiPathを学習するなら
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

RPAの国内の黎明期よりユーザー部門・研修講師・エンジニアとして携わっている。
その他、webs-studio.jpをメインに、6つのブログサイトを立ち上げており、合計で月間数万PVのメディア運営を行っている。



姉妹サイト一覧

目次
閉じる