【一覧の並べ替え】の使い方│PAD講座

この記事では、Power Automate Desktopのアクション「変数-一覧の並べ替え」について、概要や使用シーン、設定方法を画像を使って説明します。

また、簡単なサンプル動画も紹介します。

Power Automate Desktopの学習と活用にお役立てください。

目次

一覧の並べ替え

アクションの概要

変数カテゴリ内のアクション「一覧の並べ替え」は、データ型変数(リスト)に格納されている各要素並べ替えすることができます。

なお、当該データ型変数がオブジェクト(ファイル、フォルダなど)の場合には、並べ替えのキーとなるプロパティ(属性)を第1優先から第3優先まで、3つ設定することができます。

使用シーン

フロー内で格納されているデータ型変数(リスト)の各要素並べ替えしたい場合に使用します。例えば、ランダムで生成した数字を昇順または降順並べ替えしたり、また、ファイル名(フルパス)フォルダの階層であれば、更新日付やファイルサイズの順などで並べ替えることもできます。

ファイル名(フルパス)フォルダの階層であれば、テキスト長が長くなりがちのため、ある条件に基づいて並べ替えをすると、可読性が向上することもあります。

また、古いファイルやサイズが大きいファイルを発見する際にも役立ちます。

ただし、テキストを並べ替え(文字列ソート)することはできません

アクションの設定方法

<図1>

~ 設定項目 ~

①並べ替えるリスト

並べ替えをするリスト名を設定します。設定したリストは昇順で並べ替えされます。

②リスト項目のプロパティで並べ替え

この設定項目は少しわかり辛く感じる方も多いと思うのですが、リストに格納されている要素がファイルフォルダなどのオブジェクトの場合、並べ替えのキーとなるプロパティを第1優先から第3優先まで、設定することができます。

このトグルスイッチをONにすると、下記のように新たな設定項目が現れます。

<図2>

リスト項目のプロパティについて

前節で説明したリスト項目のプロパティについて、もう少し詳しく説明します。

リストとは、データ型変数が格納される配列型変数ですが、格納されている値の種別によって、いくつかの属性を持ちます。この属性のことをプロパティと呼んでいます。

属性とは、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーのようなロールプレイングゲームで登場する武器で考えるとわかり易いかもしれません。武器には基本ステータスである攻撃力以外にも、命中率や回避率、素早さなどの属性が設定されています。この属性プロパティと考えてください。

ファイルの場合の属性

プロパティ内容
FullNameファイルのフルパス
RootPathファイルのルートパス
Directoryファイルが格納されているディレクトリ
Name拡張子を含むファイル名
NameWithoutExtension拡張子を除くファイル名
Extensionファイルの拡張子
Sizeファイルのサイズ
CreationTimeファイルの作成日
LastAccessedファイルへの最終アクセス日
LastModifiedファイルの最終更新日
IsHidden非表示の場合:True
表示の場合:False
IsSystemシステムファイルの場合:True
上記以外:False
IsReadOnly読み取り専用の場合:True
上記以外:False
IsArchiveアーカイブファイルの場合:True
上記以外:False
Exists存在する場合:True
存在しない場合:False
isEmpty空の場合:True
空でない場合:False

フォルダの場合の属性

プロパティ内容
FullNameフォルダのフルパス
RootPathフォルダのルートパス
Parentフォルダの親ディレクトリ
Nameフォルダの名前
CreationTimeフォルダの作成日
LastModifiedフォルダの最終更新日
IsHidden非表示の場合:True
表示の場合:False
Exists存在する場合:True
存在しない場合:False
isEmpty空の場合:True
空でない場合:False
FilesCountフォルダ内のファイル数
FoldersCountフォルダ内のフォルダ数

設定例

あらかじめいくつかのファイルが格納されているフォルダから、ファイル名を取得しデータ型変数Filesに格納します。この場合、変数Filesは、前記ファイルの場合の属性の各プロパティ情報を持ちます

前の手順で生成した変数Filesファイルのサイズ順並べ替えるための設定です。この設定で、取得したファイル名が昇順並べ替えされます。

サンプル動画

近日中に公開

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる